<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地域が育てる

のっけから上から目線の言い方で恐縮だが、スポーツには人と人とを結びつけ、社会の質を変える力がある。戦後まもなく産声をあげ、以降コツコツとがんばり続けてきて一気に花が開いた。その後低迷もあったが、ようやく復活の兆しが見えてきた。スポーツを基盤に、地域社会の復活もに一役買った……。何のことだかお分かりだろうか。

広島カープが16年ぶりにAクラスを確定させて、初めてクライマックスシリーズに進出したことである。長期にわたってBクラスが続き、美酒の味を忘れかけたカープファンも多かったことだろう。実は、私もその1人である。

2007年からクライマックスシリーズなるものが開始されて、ペナントレースで2位または3位になったチームでも、同シリーズの結果いかんによっては日本シリーズに進出できることになった。下位のチームには必要とする勝数にハンディを持たせるが、ペナントレースを制したチームが日本シリーズに出られない(こともある)なんて、許せない!。一時的には集客力が増えたとしても、本末転倒ではないか。プロ野球の将来を危うくする自殺行為だ。箱根駅伝で言えば、往路優勝チームと復路優勝チームとで決戦をやるようなものではないか、などと思っていた。

でも、今年の両リーグの熾烈な上位争いを見ていると、優勝チームが見えてきた9月になっても、もう一つの戦いを見られるのは、皮肉なことだがクライマックスシリーズがあるお陰なのだ。クライマックスシリーズがなかったなら、広島が3位以内に入ったことが、これほど話題になっただろうか。きっと、喜びもほどほどだったに違いない。クライマックスシリーズも悪くないなァ……。

その二日後、広島の前田智徳外野手が引退を表明した。24年間、広島一筋で活躍し、落合博満やイチローをして「うまい」と言わしめた「孤高の天才」である。まだやれる、と思っていただけに寂しい。広島には、前田のように「○○一筋」と言われた選手が意外に多い。

広島の選手の平均年俸は、12球団のうちで下から数えた方が早い清貧チームだ。誇れるのは、地域が育て、地域と共に成長してきたいわゆるフランチャイズ制度を取り入れた先駆的なチームであることだ。今では、この方式で成果を上げたチームが数多くあり、特にサッカーのJリーグでは常識になっている。地域の力を存分に借りて、残り試合は少なくなったが、早く借金をゼロにして、打倒阪神へと、階段を駆け上がっていってほしい。
[PR]
by hasiru123 | 2013-09-29 22:47 | その他

今年も第九

音楽の秋。NHK全国学校音楽コンクールが佳境を迎えた。小中高ともブロックコンクールが終わって、いよいよ10月12日から14日にかけて全国コンクールが開催される。私の住む埼玉県からは、高等学校の部で小松原高校が関東甲信越地方代表として出場することになった。埼玉県からの出場校は久しく上位に入っていないので、ぜひよい結果をもたらしてくれることを期待したい。

合唱といえば、「第九の夕べin喜多院」は今年で8回目を迎える。200名を越える団員と4名のプロのソリストとの競演が、また今年も聞くことができる。今年は会場の都合により、例年行っていた体育の日よりも1週間ほど早めて開催される。

日時  10月6日(日)
会場  川越喜多院境内本堂前
入場料(全席自由)  1,000円
開場17:15 開演18:00
チケット販売所  喜多院(社務所)他3ヶ所  

今年も撮影を担当させていただくことになったので、腕に磨きをかけていい作品に仕上げたい。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。
 → http://www.kawagoe.com/kitain/information/annual-events/1011.html
[PR]
by hasiru123 | 2013-09-22 21:05 | 芸術

世論調査から見る東京五輪

2020年夏季東京五輪が決まった1週間後、毎日新聞は早速世論調査を実施し、16日の朝刊に掲載された。まず、「五輪の東京開催決定が良かったと思うか」と聞く質問で。
  思う           68%
  思わない         9%
  どちらとも言えない  23%

また、五輪開催による経済効果については記事をそのまま引用すると「経済効果を「期待する」と答えた人の79%が開催決定を「良かったと思う」と回答しており、五輪効果による景気回復への期待が歓迎ムードにつながっている」。この質問には回答肢が4つあって、以下のとおりである。
  大いに期待する    31%
  ある程度期待する   47%
  あまり期待しない   16%
  まったく期待しない    4%

大きな声では言えないが、「五輪で儲かるものならあやかりたい」と考えるのは、普通の生活者の感覚だ。最も回答率が高かった「ある程度期待する」はこの感覚に近い。それを含めて79%が回答したからといって「五輪効果による景気回復への期待が歓迎ムードにつながっている」といえるだろうか。今後予想される建設ラッシュで、東京には人や資材が集中することになるだろう。それでも手が足りないかもしれない。このことで、むしろ東北の被災地に人や資材を投入できなくなり、復興が遅れてしまうことの方が心配だ。

世論調査には、初物は高く反応しやすいといういわゆる「ご祝儀相場」がつきものだ。今回の結果は瞬間風速で、今後の推移を見ないと、本当のところの支持率はわからないのではないか。

ただし、日本は税収の17年分もの借金を抱えている国である。国の財政負担が大きくなれば、国民にツケが回わってくる可能性もある。東京五輪での税金の使い方について。
  思い切って費用をかけるべきだ    25%
  できるだけ支出を抑えるべきだ    72%

過度な税金の投入には反対。小規模の施設を望んでいるといえるだろう。たとえば選手村は、急速に開発が進んでいる晴海ふ頭に建設予定だが、49年前に使用した代々木の選手村跡地を再利用する手はないだろうか。現在は、独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター(注)などの施設としてそのまま引き継がれている。研修やスポーツイベント、宿泊などに使用されていて、リフォーム次第ではそのまま選手村として使えそうな気がする。上を見ればきりがない。できるだけ再利用するなどして、費用を抑えてコンパクトな運営をお願いしたい。

この調査結果で私が一番注目したのは、次の質問だった。「五輪での日本の金メダルは16個が過去最高。東京大会では何個を目標にしたらいいか」。
  10個以上            7%
  16個以上           15%
  20個以上           19%
  30個以上            6%
  数にはこだわらなくていい  51%

「数にはこだわらなくていい」が51%で最も多かった。開催が決まった国の半数以上の回答者がメダルの「数にはこだわらなくていい」と答えているのだ。このような醒めたというか、成熟した国民感情を持つ国は、おそらく日本をおいて、ない。五輪をお祭り気分で楽しみ、世界初の「メダル競争をしない開催国」に向けて舵を切ってほしいと思う。

また、安倍晋三首相は五輪招致を訴える演説で、東京電力福島第一原発の汚染水について「港湾内で完全にブロックされている」と発言したことについて。「そうは思わなかった」が66%、「発言通りだと思った」が8%だった。当然のことだと思う。


(注)独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センターのURL
     http://nyc.niye.go.jp/outline/b1.html 
[PR]
by hasiru123 | 2013-09-16 07:50 | その他

2020年五輪は「東京」に

2020年五輪は「東京」に決まった。正直なところ、華やかなマスコミ報道とは違って一般の関心はどうなんだろう、と思う。私自身、IOCがどんな選択をするかという意味においては関心がなくはなかったが、どうしても東京でなければという一点に気持ちが集中できなかった。

実は、東京の五輪招致について、私の周りの人々から最近話題にするのを聞いたことがなかった。それもそのはずで、東京招致委員会が汚染水問題で安全であることを強調すればするほど、国民はしらけている。IOC総会を前にして、現地で行われた記者会見で、東京招致委員でJOC会長の竹田恒和氏は、「東京は絶対に安全だ。福島から250キロ離れており、皆さんが想像する危険はない」と語って失笑を買った。笑いごとではなく、悲しい話である。

それでも、IOCは次は東京と決めたのだから、敗れた2都市の分も含めて世界に喜んでもらえるいい五輪にしてほしい。

私が東京に期待するとすれば、次の二つだ。一つは、決して「強い国」ではなく、近隣諸国とことを構えない「普通の国」として生きていくことをいやがうえにも世界に約束させられたことだ。「五輪」という外圧によるものではあるが、五輪を追い風にぜひそうあってほしい。

もう一つは、東京電力の汚染水問題を始めとする被災地の復興が見えてこないことである。東京が「復興五輪」という開催意義をコンセプトにしたからには、「復興優先の延長上に五輪の成功がある」という姿勢を貫いてもらいたい。

これまでの五輪は、開催国が多くのメダルを獲得してきた。開催国が地の利を得て好結果を生むのは当然としても、これからは、特に開催国は勝利至上主義を取っ払ってほしい。開催国の最大のミッションは、海外からのお客様の満足度を高めることにある。開催国が勝つことでは決して、ない。そういう期待をこめて、2020年の東京五輪を祝福したい。
[PR]
by hasiru123 | 2013-09-08 23:58 | その他

9月は計画を見直すいいチャンス

東日本では、8月中旬の平均気温が平年比で2.4度も高く、日照時間も平年の158%で、いずれも同期間として1位。9月1日の新聞各紙は、今年の夏は猛暑の記録を大幅に塗り替えたことを報じていた。高温多湿が好きで、猛暑に強い(?)と自負していた私も、今年は少し事情が違っていた。

まず、スポーツドリンクの消費量がぐんと増えた。もちろん、お茶や水の摂取量もおおかったが、早朝の練習では、走る前と後には必ずスポーツドリンクを摂るよう心がけた。それから、冷房の使用時間も例年に比べて多かった。これまでの夏だと、冷房を使用する日は数えるくらいしかなかったが、今年は日中に在宅しているときは、結構使っていたな、と思う。

私の走る時間はほとんどが早朝である。晴天でも、朝は結構涼しい。スピードを追わなければ意外と走れるのだ。当然のことながら、日中に走るのと比べると発汗量がまったく違う。それでも、120分を超えるジョグやLDSなどをやると、練習後に何回かに分けて水分をとっても、朝食後になかなか喉の渇きが収まらない。昼食を摂るとようやく平常に戻る。そんな経験が何回かあった。食品には、思っていた以上に体が要求している水分が多くふくまれているのだなと、改めて認識した次第である。

猛暑の時期に行うマラソン練習はどのように取り組めばいいのか。走る量が落ちると、絶対的な基礎体力を養うべきこの時期に、スタミナが不足するのではないかと不安になる。それは、スタミナ不足は秋以降の走り込みに大きく影響する。

これに対して、無理をして練習を詰め込むと体力を消耗し、本来なら距離を伸ばすことができる秋に入っても、疲れが残り、思うような練習に進めない、特リスクが伴う。ただでさえ秋口になると夏の疲れが出やすいのに、過度な練習は逆効果である。故障の原因にもなりかねない。

となると、基礎体力を養いながら秋以降に走り込めるような体のゆとりはどのようにして体得することができるのか。疲労を残さずにスタミナをつける。このバランスは難しい。披露とスタミナ不足のどちらのリスクの方がより自分にとって大きいか、という比較の問題になる。自分のタイプが夏に強いとするならば練習量を落とさない戦略を選び、夏に弱いタイプであるならば、多少のスタミナ不足には目をつぶって秋まで余力を残す戦略を取る。春から夏にかけての練習内容と調子、昨年同期と今年、直近の大会における実績などを考慮しながら、決めていくのがいいと思う。

あまり難しく考えることはない。なぜならば、今年の猛暑は全国的な傾向で、全国のランナー全体に共通して影響を及ぼす事態だからだ。どのランナーも苦心している。今、ベストの体調にあるというランナーはそういない、はずだ。

私のトレーニングコースの一つである郊外にある農道では、早くも稲刈りが始まった。いやが上にも夏は終わりを告げる。この時期に、今の自分の体調、気分はどうだろうか。その点をよく見つめて、秋以降の練習計画を見直すいいチャンスである。
[PR]
by hasiru123 | 2013-09-04 21:06 | 練習