<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ポスト東京五輪

東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪、五輪と表記)の開催については、招致決定にいたる過程に問題があり、さらにその後の行方についても大きな懸念が残っている。また、陸上競技にかかわる者の一人として、国立競技場の建て替え問題についても心配な点が多くある。

問題ずくめの東京五輪だが、大づかみに言えば以下の3点に懸念の内容を整理することができよう。

1 地方で急速に人口減少が進行する一方で、東京へのヒト、モノ、カネの一極集中が止まらない。東京五輪は、一極集中を加速させる役割を担うのではないか

2 50年前の東京五輪後に深刻な経済不況に見舞われた。当時は高度成長の途上であったため、結果として不況を吸収し、さらに成長に転換するエネルギーがあった。しかし、人口減少が進行する五年後は、不況を最小限に抑える手立てはあるのか

3 首都圏で進行する様々な開発に、五輪後を見据えた持続可能性を実現する仕組みがあるか

開催が決まった現在、これらの課題については市民として前向きに、広く議論し向き合っていく必要があると思う。

私の住む埼玉県では、射撃とサッカー、ゴルフが開催される予定になっているため、この問題に無関心ではいられない。ゴルフが行われる川越市では、早くもオリンピック大会準備室が開設された。開発の行方を見守るだけでなく、私たちの周りに作られるハードやソフトについてよく観察し、納得のいかない点があれば声を上げていくことが重要だと考える。ここでは、「3」について考えてみたい。

東京五輪の開発に際して参考になるのは、先に開催されたロンドン五輪だろう。建設から運営、閉会後のすべてに「持続可能性」を優先しているからだ。

2012年に持続可能なイベントのためのマネジメントシステム(国際規格ISO20121)が発行された。この規格のベースとなったのは、BS8901という英国生まれのの環境・社会・経済のバランスの取れた大会を運営するために開発された品質規格である。モノを作ることよりも、レガシー(イベントの後に残される結果)を意識した発想だ。

気候変動や廃棄物、生物多様性などのサステナビリティのための5つの基本テーマを挙げ、このテーマが環境だけでなく、雇用の創出のような経済的側面やライフスタイルの奨励といった社会的側面にもフォーカスしていることが特徴だ。

東京五輪招致委員会が招致活動にあたってIOC(国際オリンピック委員会)に提出した立候補ファイルには、この規格の適用が明記されている。JOC(日本オリンピック委員会)を始め、関連する企業や団体がISO20121を遵守する取り組みが求められ、実行できないときはこの事業から退場するしかない。

五輪に関与する組織がこの規格を利用して持続可能性を向上しようとする場合、規格に従って持続可能なマネジメントシステムを構築し、文書化し、維持しなければならない。証拠に基づいたアプローチが求められるのはこの仕組みの強みである。

私が勤めていた会社では、1SO9001という品質システムを導入していたが、使っていて思わぬ勘違いに陥りやすいことに気がついた。システムを取り入れて製品の質を上げ、顧客満足を高めることが本来の目的であったものが、いつのまにかシステムを維持すること自体が目的となってしまう落とし穴である。五輪が規格維持に名を借りて、目的を見失ってはならない。

ISO20121の積極的活用は、一部の大手企業やシンクタンクにとどまらず、中小企業や市民団体が競争優位を獲得する絶好の機会と考える。持続可能な東京五輪をマネジメントすることは、相当の難問である。五輪終了後の残存物が後の世代の足かせにならないよう、手を尽くしたいものだ。
[PR]

by hasiru123 | 2015-02-23 19:54 | その他  

一人で走る

いま、プロ野球はキャンプが盛んである。松坂が日本のマウンドに立ったとか、広島の大瀬良がスプリットの習得に取り組んでいるとか、今キャンプ初のフリー打撃を行った大谷が48スイングで11本柵越えを連発したなどと、話題にこと欠かない。

日本のプロ野球の場合は、キャンプという集団での練習が2ヶ月間も続く。その間にはオープン戦や紅白戦などもあるが、ほとんどが合同練習である。一人で黙々と調整に励むのはブルペンの投手と独自のトレーニングメニューをこなす故障組の選手たちだ。9人で戦う競技とはいえ、野球とは何と集団練習の多いことか。

ランニングとは大きな違いである。もちろん、競技として取り組んでいるランナーは集団で走ることが多いが、それでも一人で走るウエイトは高い。むしろ一人できっちり走れることが一人前のランナーとして成長するための基本的条件だと言っても過言ではない。

たとえばマラソンを走ろうと思ったときに、いきなり42.195キロを走れるものではない。練習で細胞が生まれたり死んだりという繰り返しのなかで、マラソンに適した組織が形成されるには数ヶ月から1年くらいはかかるといわれている。そういう練習はぜったいに一人でなくてはできない。

たとえば、瀬古利彦さん(現在DnNA総監督)。早稲田大学に入学したばかりのときに、6キロも体重がオーバーし、当時の中村清監督にひたすらジョグすることを命じられたそうだ。この練習も、もちろん一人である。ちなみに、このシーズン早々に、5000mで高校時代の自己記録を塗り替えている。

たとえば、アラン・シリトーの『長距離走者の孤独』(新潮文庫)。主人公の少年が、他の少年たちより一時間早い朝5時に起床させられ、練習に励む。凍てつくような寒さの中を走りながら、色々なことを思い出していくのも一人で走っているときだ。

単独のランニングは、現在の多様なライフスタイルに適した練習方法でもあるのだ。好きな時間に好きなペースで行える上、自分でじっくり考えながら取り組むことができる。今どんな練習をしなくてはいけないか、自分の頭や身体の中で熟成させ、発酵させる絶好のチャンスである。一人の練習はランニングにぴったりの練習方法といえるだろう。

ただし、一人で走ることの難敵は「三日坊主」。何しろ、走れと叱咤する者がいない。

楽しみながら、長く続けられたらしめたものだ。後は、孤独のランナーにならないよう、ときどきいっしょに走れる仲間をさがそう。
[PR]

by hasiru123 | 2015-02-14 22:25 | 練習  

埼玉県駅伝 坂戸市陸協12回目の出場

2月1日(日)は、坂戸市陸上競技協会の駅伝チームが埼玉県駅伝に出場した。選手の一人が直前にインフルエンザに感染し、急遽補欠の選手と入れ替えたが、全員が走りきることができた。関係者へ配布した報告書の総括の部分を、以下に再録する。
c0051032_18585531.jpg

今回で12回目の出場となった坂戸市陸上競技協会は、2時間33分15秒で14位でした。前回より順位を5つ落とし、残念ながら3回連続の入賞とはなりませんでした。

昨年と打って変わって冷たい季節風の吹く中で、大変苦しいレースを強いられました。最後まで全力で戦った選手の皆さんの頑張りには感謝を申し上げます。お疲れ様でした。そして、早朝から選手の応援にあたってくださった役員の皆様に対しまして、心から御礼を申し上げます。

今回の目標は「2時間24分台(ただし、北西の風が1m/s以内の場合)で、8位以内」でしたが、いずれもクリアすることができませんでした。10位の入賞ラインから5分以上の水が開き、大変厳しい結果となりました。力及ばず、入賞に届かなかったのは、監督の力不足以外ありません。
c0051032_18593564.jpg

しかしながら、私たちの市民ランナーによる駅伝は結果がすべてではありません。どのチームにも「弱み」と「強み」があります。今回のレースで見えた坂戸市陸協チームの「弱み」をしっかり認識し、全員で課題を共有するまたとない機会を得たと考えていただきたいと思います。ピンチの次にはチャンスがあります。ぜひこの機会を有効に活用してください。

1年先は長いようですが、すぐにやってきます。今日から再出発しましょう!

選手の皆さんの今後のご活躍に期待するとともに、役員の皆様の更なるご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
c0051032_1859571.jpg

◆午前9時現在の気象コンディション(さいたま市) 
   気温3.1℃、晴れ、北西の風6m/s
◆参加チーム
   第2部(市町村男子の部)で23チーム


(写真上)坂戸市役所での集合写真
(写真中)さいたま新都心駅前をスタートする選手たち
(写真下)レース終了後の懇親会
[PR]

by hasiru123 | 2015-02-03 19:05 | 駅伝