<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

Slow and Steady ・・・

平成26年度は、今日で終わる。走ることについて、今シーズンの後半は芳しくなかった。11月の小江戸川越ハーフマラソンで右足の踵下部を痛めた。3か月後に試験的に3回ジョグを行ったところ、右膝を痛め、その1週間後には右股関節にも痛みが出るようになった。3か月間走らなかったことで脚筋力が落ちて、しかも痛みをかばうためにアンバランスな走り方になってしまったのではないかと思っている。

レントゲン診断では足も股関節にも異常は見つからなかった。しかし、痛みは一向に消える様子がない。

整形外科の医師の勧めで足底部分をサポートする装具(写真上)を作ってもらったので、通勤時などではシューズに入れて使っている。この装具はジョグでも使ってみたが、偏平足で落ちたアーチを支えてくれるので、楽だし、安心感がある。

さらに、3年前まで受けていた指圧を再開した。指圧の先生からは「足の第1指と第2指の間の筋力が落ちているため、その結果踵周辺が凝るようになったのではないか。室内ではスリッパに代えて五本の指が通る草鞋(わらじ)を使うといい」とアドバイスをいただいた。早速、手製の草鞋(写真下)を特注して履くことにした。そのためには普通のソックスだと履けないので、5本指ソックスもそろえた。

指圧と装具、五本指の草鞋のお世話になりながら様子をみることにした。走る方は、休養しながら痛み具合を見て時々ジョグを行ってみる。走る距離やペース、頻度などをいろいろ試してみて適度なランニング方法を見つける。コンピュータでいえばシュミレーション、哲学的な言葉でいうと試行錯誤ということになる。

そんなことを書きながら思い出したのは、東京マラソンで自己ベストの2時間7分39秒で7位に入った今井正人(トヨタ自動車九州)のことだった。今季の男子マラソンでもっとも輝いた選手である。7分台は3年前の藤原新(東京陸協)以来のことだ。

今井については箱根駅伝の山上りの5区で快走した印象が強く残っているが、社会人になってから順風満帆とはいかなかった。10回目のマラソンでようやく結果を出すことができた。彼の記録を振り返ってみると、幾たびかの失敗を繰り返しながらも着実に力をつけてきた選手であることが分かる。

前進と後退を繰り返しながら少しずつ前へ進めていく。Slow and Steady Wins The Race--。これはマラソンにとって成長への重要なステップである。まれに新人で大化けする選手もいるが・・・。

かつて日本陸連の長距離マラソン部長だった宗茂さんは「マラソンのセンスがいい選手は2回目か3回目で走り方を会得して結果を出す」とテレビの解説で語っていたことがある。今井の場合はすぐに好成績にはつながらなかったが、試行錯誤を続けて結果を出した。これも、マラソンのセンスの一つだろう。

先ごろ、米国の大会での陸上男子100メートルで東洋大の桐生祥秀(東洋大)が競合を振り切って優勝した。追い風参考記録ながら9秒87をマークした。短距離走の場合は、追い風が2メートルを超えると公認記録としては認められず参考記録とされる。

マラソンに追い風参考記録はない。今井には、今回の7分台を追い風に大きく羽ばたいて、と期待している。その粘り強さに、勇気をもらった次第である。

c0051032_19132948.jpg

c0051032_19135092.jpg

[PR]

by hasiru123 | 2015-03-31 19:15 | マラソン  

とおりゃんせの唄

梅の満開が過ぎて、桜のつぼみが膨らみ始めた。そんな3月の半ばに、三芳野神社の境内で、懐かしい声を聞いた。おりゃんせの唄を歌いながら遊ぶ子供たちがいたのだ。この神社は「とおりゃんせの細道」と呼ばれる参道があることで知られている。

c0051032_21095270.jpg

ちょうどその時は「遠くへ行きたい」というテレビ番組の取材があって、地元の小学生たちの協力で落語家の春風亭昇汰さんいっしょに遊ぶ光景を撮っていたのである。残念ながら、現在の子供たちが神社の境内でわらべ唄を歌って遊ぶことは、めったに見られなくなった。その意味では、貴重な映像といえるだろう。


c0051032_21161092.jpg

この番組は、下記の放送が予定されている。

番組名  遠くへ行きたい
タイトル  -埼玉県川越市・行田市-「春風に誘われて!城とレトロ(仮)」
出演者  春風亭昇汰
放送日時  平成27年4月19日(日)朝6時30分~7時(NTV)
制作  テレビマンユニオン

ぜひご覧ください。


[PR]

by hasiru123 | 2015-03-22 21:22 | その他  

台湾を行く - 太魯閣 -

司馬遼太郎の『街道を行く』シリーズの「台湾紀行」は花蓮(かれん)のまちで終わるが、私の旅は花蓮から始まった。

台北から特急列車で2時間半ほど南東方面を行くと花蓮に着く。台湾に入ってはじめて泊まったのがこのまちだった。今年の正月のことである。

花蓮は台湾東北部で最大の都市である。先住民族のアミ族の集落があることで知られている。台湾人の名に「阿」の字で始まることが多いと聞いたが、「アミ(阿美)」と関係があるのかもしれない。アミ族の踊りを楽しむことができる阿美文化村という観光スポットもあることだし――。

翌日は太魯閣(たろこ)へ向かった。侵食によってできた大理石の奇岩怪石が約20キロメートルにわって続く。高さ千メートル以上にも切り立った大渓谷だ。かつては山岳地域に住むいくつかの部族に分かれて狩猟生活を行っていたと伝えられる。
c0051032_2332484.jpg

伊藤潔『台湾』(中公新書)によれば、「ポルトガル人が「発見」した16世紀半ばの台湾には、わずかの漢族系の移住民のほかに、先住民(今日の台湾では高山族という)と総称される、マレー・ポリネシア系の人々が先住していた」とある。この国は、ついに先住民による統一した政権はできずに今日に至っている。

太魯閣の入り口で記念写真を撮ったあと、東西横貫公路の長春トンネルを抜けると、絶壁を背に建てられた中国風の祠が見えた。長春祠だ。公路の建設工事中に亡くなった二百余名の人たちの霊を慰めようと、1958年に建てられたものだ。ただし、現在の長春祠は2度のわたる落石のため97年に再建された。
c0051032_2333228.jpg

それにしても太魯閣の風景は美しい。 川に架けられた吊り橋や絶景を臨むハイキングトレイル、山腹に建つ寺院。断崖をわずかに削っただけの山道を上るためだけに、もう一度来ようと思った。
c0051032_23335081.jpg


(写真上)太魯閣入口
(写真中)長春祠
(写真下)太魯閣の渓谷 
[PR]

by hasiru123 | 2015-03-15 23:36 | その他  

賢い消費者

くらしの豆知識〈2015年版〉特集 消費者トラブルSOS

国民生活センター


国民生活センターが毎年発行していて、2015年版は43冊目となる。くらしに役立つ幅広い分野の知識・情報をわかりやすくまとめたハンドブックだ。

今年は、「消費者トラブルSOS」を特集としている。消費生活トラブルに遭ったときや遭わないための対処方法など、すべて最新の情報で新たに書き下ろされている。

イラストや図表などを交えて理解しやすく工夫されていて、知りたい項目がすぐ見つかるように分野別に構成されているのがありがたい。

目次は、以下のとおりである。

 ●特集 消費者トラブルSOS
 ●契約トラブル注意報
 ●くらしの事故注意報
 ●よくわかる契約
 ●いきいきセカンドライフ
 ●災害に備える
 ●くらしのマネー情報
 ●社会保障と保険・年金
 ●住まいの知識
 ●あんしんネット案内
 ●健やかなくらし
 ●こんな場合は、どうすれば? その他

特集では、「子供の消費者トラブル」(オンラインゲームで高額請求、アダルトサイトからの請求他)や「ねらわれる20歳過ぎ」(繁華街でのキャッチセールス、見知らぬ異性からの誘い他)、「高齢者がねらわれている」(健康食品送りつけ商法、買え買え詐欺他)などが組まれている。

最近は、東京五輪開催に関連した利殖商法のように日々起こるニュースに合わせて次々と新たなだましの手口が作り出されている。消費者がこれらの手口にだまされないためには、新しい消費者被害に深い関心を持ち続けることが「賢い消費者」への近道だ。
[PR]

by hasiru123 | 2015-03-08 23:46 | その他  

ESなくしてCSなし

NACS埼玉分科会の定例活動で、埼玉県川越市にあるK病院を訪問した。消化器を専門に医療活動を行い、消費者志向優良企業表彰(1998年、経済産業省)や日本経営品質賞(2011年、経営品質協議会)など数々の表彰を受けている。

小会の会員でこの病院に勤務するOさんの協力を仰ぎ、企業訪問の一環として実施したものである。

この病院では常日ごろ顧客(患者)を「患者様」と呼んでいる。掲示されていた「患者様権利憲章」には「かけがえのない生命と健康を守る」ために、7項目の理念をうたっている。また、見せていただいた「経営品質報告書」によると、患者のCS(顧客満足)と従業員のES(従業員満足)が病院の全国平均よりもかなり高いことが分かる。

Oさんは「ESを基点にしてから病院の風土が変わった。たとえば、医師は周りの変化に気づき、患者の方向を向いて行動するようになった」と話す。

これらの結果を表す指標に、病院が実施している患者満足度調査がある。20年来継続して行い、経年変化をとらえている。「調査項目はほとんど変えずに、数字よりも質を追うように努めている」という。この種の調査はややもすると、回を重ねるごとに調査項目を追加したり変更したりして、結果として時系列の変化をとらえられなくなるという失敗に陥りがちである。「調査項目を変えない」というベンチマーク調査の基本に徹している姿勢は重要だ。

CSあるいはESの向上については、いま要介護者の増加と介護職員の慢性的な不足に悩む介護事業の取り組みにも示唆を与えるのではないか。Oさんに伺ってみたら、昨年の日本経営品質賞は鳥取県の社会福祉法人が受賞するなど介護産業にも新しい動きが出ているとのことだ。「ESなくしてCSなし」というK病院の経営哲学が、様々なサービスを提供する企業や機関に浸透することを期待したい。

私ごとであるが、この病院とは胃の内視鏡検査で30年来のおつきあいである。内視鏡は日々進歩し、小型化して食道を通りやすくなってきたが、いつになっても好きになれない。食堂や胃に光を投射するなどして、もっと物理的に簡便な投影方法が開発されないだろうかと思っている。
[PR]

by hasiru123 | 2015-03-02 06:48 | その他