<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

青葉昌幸さんの受賞記念パーティー

箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)の青葉昌幸名誉会長が、昨年10月に日本陸連から2014年度功労章を受賞された。過日、東松山市陸協主催で青葉さんの受賞を祝う会が開かれ、参列させていただいた。
c0051032_15384649.jpg

青葉さんは、埼玉県秩父市出身で、高校から大学にかけて長距離ランナーとして輝かしい成績を収められた。私が強く印象に残っているのは、青葉さんが日大の最終学年で走った箱根駅伝のことだ。当時私は高校1年生だった。ラジオのNHK第2放送から流れる箱根駅伝の中継で、青葉さんが1区を区間3位で走り、2区の宇佐美彰朗さん(4年)にタスキが渡った(第42回大会)。この年の1区はスピードランナーが揃い、3位までが区間新記録だった。大会では、日大が順大を激しく追う展開となったが、順大はエース沢木啓祐さん(4年)を始めとする5名の区間新記録が奏功し、往路、復路とも征した。日大は、2位に入った。

まれにみる強豪がひしめいた年だった。同じ4年には、後にスポーツ科学の研究者となった細川博さん(順大)やランニング学会会長、群馬大教授などを務めた山西哲郎さん(東京教育大)などがいた。また、ダイハツ陸上部監督として女子マラソン選手を育てた鈴木従道さん(日大2年)や日電HE監督として浅井えり子さんなどを育てた佐々木功さん(東洋大1年、故人) 、須田秀夫さん(立大2年、故人※)などの名前も懐かしい。

青葉さんは、大学卒業後埼玉県庁を経て、昭和43年に25歳という若さで大東大陸上競技部監督となり、昭和61年から大東大教授を務められた。監督時代には、全日本大学駅伝で4連覇を含む7回の優勝や箱根駅伝では4回(2連覇を2回)優勝に輝いている。また、その間に大久保初男さん(元仙台大助教授)や只隈伸也さん(大東大准教授)、奈良修さん(大東大陸上部監督)、実井謙二郎さん(城西大城西高長距離コーチ)などの名選手を育てられた。
c0051032_15391313.jpg

日大の選手、大東大の監督、そして、関東学連の会長として箱根駅伝に直接、関わった時間は長い(2016年4月13日スポーツ報知)。そして、9年間務めた関東学連の任期を今年3月で退任された。前掲紙によると、「会長最後の大仕事として2月25日、来年の第93回大会から4区を18・5キロから20・9キロに、5区を23・2キロから20・8キロに、それぞれ2・4キロの延長、短縮を代表委員総会で決議した」とある。現在は、埼玉陸協会長として活躍されている。

今後ともご健康で、さらなるご活躍を祈念申し上げたい。


※ 私の高校陸上部の大先輩で、このとき2区を区間5位で走っている。

(写真上)あいさつする青葉さん
(写真下)締め
[PR]

by hasiru123 | 2016-07-30 15:40 | その他  

私の合宿

今朝、自宅近くの三芳野神社境内でクーリングダウンをしていたら、セミの初鳴きを聞いた。晴れを予想して、いつもより40分ほど早く家を出てLSDをしてきたが、7時過ぎには早くも汗だくになっていた。そんな汗を吹き飛ばすかようなセミの声に、ほっと一息ついたのだった。

セミの初鳴きは、年々早くなっている。温暖化の影響か、生息域も変化していると聞く。夏の高校野球の地方予選が始まるこの時期初鳴きは、私の体内時計と符合する。

今年も暑い夏がもうすぐやってくる。冬のロードレースシーズンに向けて、夏の走り込みは重要である。この季節に、走りのステップアップを図るにはどうしたらいいだろうか。

そんなとき、常時涼しい高地でトレーニングを行う環境を持てない市民ランナーには、個人合宿がお勧めだ。たとえ短い期間であっても、集中して長距離を踏める環境に身をおくことに意味がある。単独でもよし、また家族旅行に合わせて行ってもよし。時期を替えて複数のラウンドをこなせればなお効果的だ。

個人合宿地には、特に面倒な条件はないが、次の3点を考慮するといい。

まず、①適度な起伏があること。そして、②暑さを避けるためにある程度の標高があって、樹林帯が豊富にあることである。③練習後に温泉につかることができれば、申し分ない。

①は、起伏地を走ることで脚筋力をつけることができ、秋以降の長い走り込みの土台作りにつながる。②は、夏でも長い距離を効率よく走れるのはありがたい。③は、自然の疲労回復マッサージとして欠かせない。

ところで、個人合宿にふさわしい候補地はたくさんあるが、ここでは一例として「奥鬼怒四湯」(栃木県)をご紹介する。

まず、環境。「四湯」とは八丁の湯、加仁湯、日光沢、手白沢の4つの温泉群をさす。女夫淵温泉から鬼怒川の湿原を約1時間30分上っていくと、そこはある。源泉は合わせて23か所、露天風呂は9か所あり、どれも山の秘湯という雰囲気である。

そして、ランニングコース。奥鬼怒スーパー林道を始め、女夫淵温泉-八丁の湯間、八丁の湯ー日光沢などの林道コースなど、コースにはこと欠かない。また、日光沢から尾瀬沼までの登山道を走ることも可能だ。ただし、このコースは登山としても健脚コースの部類に入るので、1日で往復することは控えたほうがいいだろう。ハイキングとして行ってもいい練習になる。約7時間を要するので、日の短くなる秋は避けたほうがいい。

見どころは、日光沢から尾瀬沼への途中にある奥鬼怒湿原だ。標高2000mにある日本一高い湿原である。周辺は高山植物の宝庫となっている。

楽しみのポイント。私は、一番上流にある日光沢温泉を挙げたい。山小屋の雰囲気が漂っていて、練習の疲れを癒してくれる。数ある温泉の中でも、お気に入りのスポットである。

さて、個人合宿のメリットは何かといえば、楽しく汗をかいて、練習効果を上げられることではないだろうか。猛暑の夏こそ、自宅を離れて山へ行こう。


[PR]

by hasiru123 | 2016-07-11 20:22 | 練習  

2016年夏 合宿

7月2日(土)、3日(日)は若葉グリーンメイト恒例の夏合宿が行われた。合宿地は、新潟県湯沢町。今年で11年連続、12回目を数える。冷涼な気候と起伏に富んだコースが長距離の走り込みにうってつけである。そして、温泉宿のご主人自らマイクロバスで送迎してくださることも、もう一つの大きな魅力だろう。

今回の合宿については、主に私のことを書いてみたい。

どのようなところで走ってみたいか。走る人が単独で、あるいは気の置けない仲間同士で実施するのであれば、自分の目的と思いに期待を膨らませて計画を立てるところだろうが、走友会への合宿参加となると、ある程度の制約がかけられる。走友会のレベルや計画、参加者との付き合いなどとどう折り合いをつけるに気を使うかもしれないからだ。

若葉グリーンメイトの練習メニューは多様性に富んでいて、各自が選択的に取り込めるよううまく工夫されている。したがって、参加者の目的と走力とのミスマッチをおこすことはまず、ない。

今回の合宿で私が取り入れたメニューは、以下のとおりである。

第1日 AM
川沿いコースをスロージョグで下る。約60分、約8.8キロ。
第1日 PM
①宿舎(湯沢町市街地郊外)から、ゴールド越後湯沢CC近くの大源太山入口までの上りをジョグ(約6キロ)
②大源太山入口から、大源太キャニオンキャンプ場を経由する参道コース(約6キロ)を2周し、大源太山入口から②のコースを半周して、途中①と合流する(約6キロ)。
合せて約25キロ(所要時間2時間27分)あり、ハードなビルドアップ走であった。後半いかに粘れるか、そして上りと下りをうまくギアチェンジできるかがポイントである。加えて、翌日も走ることを考えて、余力を残して練習を終わらせることが重要だ。
c0051032_20141685.jpg

第2日 早朝
就寝中に蚊に悩まされて熟睡できなかった分、明け方になってから爆睡してしまい、朝練の集合時間に間に合わないというミステークをしでかしてしまった。自主トレで、40分間ウォーキングとジョグで前日の疲労を抜くことに専念した。前日のテレビでは、夜半過ぎに本降りになるという予報だったが、路面を見る限りではほとんど降らなかったようだ。
c0051032_2085341.jpg

第2日 AM
例年だったら土樽方面を往復するコースを走っていたが、今回は気分転換に新コースを開発しようというS選手の提案で、舞子方面の上り道を行き止まりまで行くことになった。飯千山東麺の舞子ゲレンデ近くで折り返した。往復で約16キロ。土樽コースに比べると2キほど短いが、高低差はこちらの方がありそうだ。
c0051032_2093795.jpg

2日間の走行距離は約54キロ。平野部に住んでいるため、こんなに起伏のあるコースを走ることはめったにない。いい刺激になった。今後は、11月に出場予定のぐんまマラソン(http://www.g-marathon.com/about-guide/)へ照準を合わせて、距離を中心に走り込むつもりだ。

(写真上)第1日夕食
(写真中)第2日朝食
(写真下)第2日昼食
写真にはないが、第1日の昼食は煮込みうどんとおにぎりでした。
[PR]

by hasiru123 | 2016-07-07 20:14 | 練習