<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

川越まつり


今年も、川越市内では豪華絢爛な山車の競演が繰りだした。国指定重要無形民俗文化財の「川越まつり」である。


もともと川越氷川神社の秋の祭礼は隔年に行われ、田楽や相撲などが奉納されていたようだ。慶安元年(1648)に当時の川越藩主松平伊豆守信綱が、氷川神社に獅子頭や神興などの祭礼道具を寄進したのが川越まつりの始まりとされる。


川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する例大祭を根源として直接行われる神幸祭と、氏子町衆が催す山車行事(祭礼)から成り立っている。その後徐々に規模を拡大し、関東の代表的な都市祭礼となった。そして、山車も形態を変えて現在に受け継がれている。


今年の新しい取り組みは、スマートフォンで山車情報を得られるようになったことである。スマホ用のアプリ「川越なつりナビ」が無料で公開された。


このナビは、運行しているすべての山車の現在位置を表示し、山車は実際に地図上を移動する。スマホを持っている人の現在位置も表示されるので、簡単に山車を見つけることができる。また、「曳(ひ)っかわせ」等の山車行事やイベント情報などを生で見られる「川越まつりLIVE」と山車の現在位置をリアルタイムに確認できる「山車ナビハイスピード版」が有料で提供された。札の辻などの主要な交差点では、山車が来ないときはスマホをかざしている人の姿が多く見られた。

c0051032_11594995.jpg


写真は、10月16日(日)の夕刻に見たシーンで、山車同士がおはやしを競演する「曳っかわせ」である。


なお、全国33件の祭りを一括した「山・鉾ほこ・屋台行事」として、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指して提案されていて、このなかに「川越氷川祭の山車行事」も含まれている。


川越まつりの起こりについては、平成11年発行の「川越市立博物館だより」第28号を参考にした。




[PR]

by hasiru123 | 2016-10-22 11:57 | 話題  

ファイナルステージが始まった

いよいよ、というか、ようやくプロ野球クライマックスシリーズのファイナルステージが始まった。


やはり、広島カープの行方が気にかかる。きっと広島は、やりにくいだろうなあ。というのも、対戦相手はあの巨人かと思っていたところが、横浜DeNAベイスターズだったからである。


こう言っては横浜に失礼かもしれないが、私には何としてでも倒そうという気になれないのだ。巨人とちがい、横浜には少なからぬ親和性を感じているからである。広島も横浜も、日本一になったのは遠い過去のことだ。その意味では、どちらが勝ってもうれしいステージである。


何も私が戦うわけではないのだから、そこまで心配する必要はないのだが・・・。広島がペナントレースを制覇したあたりから、今年はここまでよく戦ったのだから、これ以上望むのは欲張りかな、と思うようになった。よく言う「先憂後楽」である。楽しみは、来年に取っておこう、と。


しかし、広島の選手たちは、そんなことは微塵も考えていないにちがいない。第一、若手とベテランがうまくかみ合っていて、死角がない。それに、選手たちには勢いがあり、チームワークも抜群だ。打ってよし、投げてよし、走ってよし。闘志に燃えているはずである。


もし緒方監督に心配することがあるとすれば、それは優勝が早く決まって、実践から遠ざかっていることだろう。その点、横浜はファーストステージの余韻が残っていて、戦いやすいはずだ。ペナントレースで圧勝した広島としては、今年一番の胸突き八丁にさしかかっているといえるだろう。手に汗を握る熱戦を期待している。




[PR]

by hasiru123 | 2016-10-12 19:12 | 話題  

「勝敗」ではなく、「記録」を

今年の秋季国体(国民体育大会)は岩手県の開催で、陸上競技は北上市で実施されている。NHKでは、毎年100mが行われる日に中継されるのが定番になっているようだ。

10月8日(土)の成年男子100m決勝には、山縣亮太(セイコーホールディングス)とケンブリッジ飛鳥(ドーム)が出場するとあって、留守録したビデオを後で見たら、二人の姿はなかった。山縣は準決勝を棄権、ケンブリッジは欠場とのことである。冷たい雨が降りしきる気象コンディションを考慮して、安全を優先したのかもしれない。

同じ日、成年女子100mでは福島千里(北海道ハイテクAC)が見事7連覇を果たした。走ったレーンの番号「7」の腰ナンバーをかざして写真におさまる姿は、今後も現役を継続する意向があるのかなと思わせるシーンだった。なにしろ、日本女子の短距離陣では福島の後を追う選手が見当たらないだけに、来年の世界選手権でリオ五輪の雪辱を期したいところだ。

ところで、最近の陸上の国体を見て思うのは、長距離種目が少ないことである。国体の種目は男女ともに少年A、少年B、成年に分かれるが、1500mは少年女子共通、5000mは成年女子と少年男子A、3000mは少年男子Bと少年女子Aがあるだけである。成年男子は1500mや5000mがなく、10000mは男女ともない。

長距離ファンとしては、もう少し種目数を増やしてもらいたいところである。というのも、10月という時期は、晴れると空気が乾きやすいことから、長距離種目で好記録が望めるからだ。日本選手権が開かれる6月は高温多湿なため、長距離には向いていない。駅伝シーズンに入る前のこの時期は長距離走に最適なのである。52年前は、東京五輪が開催された10月だ。長距離種目で活躍の機会が少ないのは残念である。

一方で、国体の種目が多岐にわたっている中で、多くの種目数を抱える陸上競技にこれ以上の追加が望めないことも事実である。2020年の東京五輪の開催費用が膨れ上がる折、国体としても同様の問題を抱えている。

ここは、国体ではなくて、新たに全国規模の中長距離記録会のような取り組みを望みたい。「勝敗」を競うのではなく、「記録」を競うのだ。

秋の夜長に、ふと考えた夢である。


[PR]

by hasiru123 | 2016-10-11 07:49 | 話題  

2016第九の夕べin喜多院

川越喜多院の「第九」を聞かなければ秋が来たような気がしない。そう思う今日このごろである。

第11回を迎える「第九の夕べin喜多院」が10月2日(日)に開催された。この日は、幸いなことに台風の隙間をぬって好天に恵まれ、星を仰ぎながらのコンサートとなった。喜多院をはじめ4団体が後援し、サッポロビールをはじめ6団体が協賛・協力して行われたものである。

主催者の発表によると、合唱に参加した団員は252名とのことである。エレクトーンの演奏、4名のソリストによる独唱、児童合唱団の歌、そして後半は合唱団による第九交響曲「歓喜の歌」などが披露された。そして、最後は全員で「よろこびの歌」と「ふるさと」を合唱した。

今年も撮影を担当させていただいたが、今回はことのほか緊張の連続だった。というのは、昨年の撮影途中でカメラを三脚に固定したまま倒してしまい、カメラを壊し合唱の大部分の画像を台無しにしてしまったからである。暗がりの中で操作したためのアクシデントであった。関係者には大変なご迷惑をおかけした。

今年は、心機一転して、そしてより慎重に取り組むことに徹した。仕上がりの良しあしはさておいて、シャッターを切った約90枚を何とか提供できそうである。

以下に、その一部をご紹介する。

c0051032_20162891.jpg

                     リハーサル風景(指揮するのは宮寺勇さん)

c0051032_20115891.jpg

                   エレクトーン演奏(内海源太さんと川島容子さん)

c0051032_20174495.jpg
                   「わたしのお父さん」を歌う比留間あゆみさん

c0051032_20181609.jpg

                   「愛さずにはいられぬこの思い」を歌う松原隆さん

c0051032_20191053.jpg
「ハバネラ」を歌う城守香さん

c0051032_20194380.jpg
                   「闘牛士の歌」を歌う原田圭さん

c0051032_20205051.jpg
                   「第九」を歌う合唱団


[PR]

by hasiru123 | 2016-10-03 20:26 | 芸術