9秒98から学ぶ

桐生祥秀選手(東洋大)がついに陸上男子100mで9秒台を出した。4年前に10秒01を出して以来、日本のトップランナーとして短距離界を牽引してきたが、ようやく大台を突破することができた。心から祝意を表したい。

待ちに待った4年間ではあったが、その間に選手たちの環境は大きく変化した。それは、しのぎを削ってきた数名のライバル選手たちのだれもが9秒台を出してもおかしくないところまで進化し、力が拮抗してきたことである。

これで、ライバルの選手たちは桐生選手の出した9秒98切りが当面の目標となるはずだ。堰(せき)を切ったように9秒台が続出しそうな予感がする。

ちなみに、今日(9月24日)大阪で行われた陸上の全日本実業団対抗選手権男子100m決勝で、山縣亮太選手(セイコーホールディングス)が10秒00で走った。追い風0.2メートルというほぼ無風の条件下で出されただけに、価値がある。今年残された大きな大会は愛媛国体など少なくなったが、多くの選手が桐生選手の記録に挑んでほしいと思う。

電気時計で10秒を切った選手は世界に120人以上もいるそうだ。大部分は米国やジャマイカなどのアフリカ系の選手である。また、短距離というと日本人には向かない競技ではないかと言われた時代があった。そういうコンプレックスを、これまでの多くの日本人選手が抱いてきたのではないだろうか。

ところが、ここ数年でそういうコンプレックスを感じさせない流れができつつあった。壁を破るには、「できる」と思うことが大きなアシストになるだろう。

一方で、同じ全日本実業団対抗選手権の男子10000mでは、11位までが外国人選手で占められた。こちらの方は、東アフリカ出身の選手にはかなわないというコンプレックスから抜け出せないでいるように思える。長距離の選手たちには、ぜひとも短距離陣の奮闘から学び取ってほしいと願っている。


[PR]
by hasiru123 | 2017-09-24 23:58 | 話題

真っ赤な秋


まっかだな まっかだな
つたの葉っぱが まっかだな
もみじの葉っぱも まっかだな

童謡「真っ赤な秋」(薩摩忠作詞・小林秀雄作曲)の一節である。曲をつけた小林秀雄氏は、今年7月に亡くなられた。紅葉の季節になるとこの歌を口ずさみたくなる。歌に誘われるかのように、一足早い秋の北海道へ行ってきた。

大雪山系の旭岳(2291メートル)周辺では、早くも赤く染まり始めた。3連休の真ん中、9月16日には青空がのぞき、ナナカマドやダケカンバ、カエデなどが、山肌を色鮮やかに染めている。ロープウエーの姿見駅から約3キロ先の裾合平周辺では、ウラジロナナカマドの鮮やかな赤と、終わりに近いチングルマの渋い赤がパッチワークのように広がっている。

活発な旭岳の噴煙との競演は見どころのひとつつである。これまで写真で見ていた噴煙よりも、勢いがあるように見えた。また、周辺に点在する中小の池に映し出される旭岳と紅葉も見事である。

地元の人に聞くと、今年の紅葉は例年よりもいくぶん早く、そしてきれいだとのことだった。紅葉は10月上旬になると、ふもとの旭岳温泉街まで駆け降りる。
     

c0051032_13525543.jpg

     鏡池に映る旭岳 
    

c0051032_13543512.jpg

     噴煙の盛んな旭岳 
    

c0051032_13542695.jpg

     第一展望台から望む旭岳
     

c0051032_13540906.jpg

     終りに近いチングルマ

c0051032_14121899.jpg
       すり鉢池と旭岳

[PR]
by hasiru123 | 2017-09-22 06:47 | その他

初雁公園を整備する

昨年3月の川越市議会で、市制100周年の記念事業して初雁公園周辺を整備するという川合善明川越市長の方針が示された。それを受けて、初雁公園近隣に位置し、三芳野神社の氏子を構成している3町内の自治会長、副会長等を交えて川合市長との情報交換を行った。

会議の内容はすでに近隣住民へ情報提供済みであることから、公表に際してなんら支障を来すことはないと考え、関係者へ配布した議事概要をもとに整理し、そのあらましをお伝えする。

日時  平成17年6月6日(木)15時~16時会場
川越市役所市長室出席者  川合市長川越市から都市計画部長、公園整備課長三芳野神社から山田宮司、自治会から郭町1丁目自治会長、同副会長2名、郭町2丁目自治会会長,同副会長3名、三久保町自治会長、同副会長1名
進行  森脇康行
(川合市長と山田宮司、森脇以外の個人名は非表示とした)

1 初雁公園構想について

(川合市長) 平成元年に初雁公園整備構想がつくられ、今でも形式的には生きている。県立川越高校の移転や多額の費用がかかることから不可能になった。今回計画を変更して、実現可能なものにしたい。初雁球場が古くなり、公園にしたい。

2 川合市長の構想を受けて質問、要望等

〇三芳野神社関連       
(三芳野神社宮司) (初雁公園の中にある)三芳野神社は、もとは幕府直轄の神社であったことから、格式が高い。川越の観光の中心になってほしいと考えているが、現状は本丸御殿で観光客の流れが止まり、なかなか三芳野神社まで足を運んでもらえない。「とおりゃんせの細道発祥の地」であることをもっと知ってもらいたい
(自治会) 参道整備について。現在ある参道と本来のとおりゃんせの細道に歌われる参道とは違うので、歴史に即した参道の整備を計画の中で実現してほしい
(自治会) 植木について。社殿への影響のため楠木等を伐木したが、支障のない場所新たに植えるとともに、(神社にふさわしい)梅の木を計画的に植えてほしい。

〇施設関連(市民プール、初雁球場、武道館、診療所等)            (自治会) 移転を含めて廃止を検討していると聞いているが、跡地をどう活用するのか
(川合市長) プールは未定、武道館は移転せずに耐震化工事で存続させる予定。初雁球場は未定だが個人的には芝生の広場にしてはどうかと考えている。診療所は倉庫として利用しているが、その後は未定。

〇富士見櫓跡の整備                        (自治会) 計画が途中で止まっているが、今回の構想に含めるのかをよく検討してほしい。

〇観光                              (自治会) 三芳野神社を含む標識の整備を進めてほしい。また、ガイドブックやマップなどへ記載も不十分である。
(自治会) 三芳野神社への誘導を含めたルート表記、案内板(地図)の整備をお願いしたい。
(自治会) 川越の観光は蔵造りや菓子屋横丁に力を入れているが、川越城が川越のシンボル的な存在であることを重視する必要がある。

〇自然環境                            (自治会) 初雁公園周辺には樹木が多く、初雁球場側の新河岸川沿いには湧水があるなど、自然が残っている。自然を保存しつつ公園の整備を進めてほしい。
(自治会) 浄水場から浮島神社にかけての自然保護に留意した一体整備をお願いしたい。
(自治会) 小仙波町2丁目から、浄水場南側の空き地の公園化の声が上がっているが、今回の計画にどう盛り込むのか
(川合市長) 親水公園を検討している。

〇今後の進め方(計画策定のプロセス)について
(自治会) 計画と実施に際しては、プロジェクトを作り、責任部署を明確にしてほしい
(自治会) 住民の意見を聞いて計画を進めてほしい
(川合市長) 公園整備課を担当窓口とし、調整機能を持たせる。また、基本計画の審議会条例案と予算案を提示した。審議会メンバーには学識経験者や公募委員、自治会も含めたい。
(自治会) 三芳野神社の工事に際しては関係する窓口が多岐にわたり、問い合わせ窓口がはっきりしていなかった。窓口を設けて切り分けできるように改善してほしい
(川合市長) ワンストップサービスに努める
(自治会) 100周年でどこまでやるか優先順位をつけて進めてほしい

3 今後について

主として3つの自治会内の住民及び近隣自治会との情報共有を図りながら、公園整備課と積極的に情報交換を行い、市が行う計画作りに参画していきたい。

※ 時間の関係で、出席者から要望として述べることができなかった点については、手元資料を基に一部追記した。

(参考)初雁公園については、川越市の公式サイトをご参照ください → http://www.city.kawagoe.saitama.jp/shisetsu/undo_park_hoyo/undopark/hatsukaripark.html


[PR]
by hasiru123 | 2017-09-01 17:35 | その他