<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

広島カープ、お疲れ様でした

2017年度の広島カープは、2位の阪神との差を10ゲーム離して優勝した。開幕早々から好スタートを切り、4月中盤には早々と2位巨人に7ゲーム差をつけた。圧勝と言っていい。

それでも不安な時期はあった。最大の危機は、何といってもゴールデンウィーク後半の対阪神3連戦だったのではないだろうか。

5月4日は7回表まで4-3でリードしていたが、その裏に5点入れられて逆転負けを喫した。翌5日には、6回表まで9-1でリードしていたが、その裏に一挙7点を取られて、7回と8回にも加点され、12-9で敗れた。ここで2位につけていた阪神に並ばれた。そのダメージは大きく残り、7日には阪神の能見投手に6-0で完封負けを喫し、阪神に首位を明け渡すことになる。

応援するわが身にも、「しばらくは阪神と対戦してほしくない」という弱気が忍び寄ったものだ。2日後のヤクルト戦でも、3-2のサヨナラ負けで、4連敗。嗚呼。

しかし、今年の広島はその逆境をそこまででしのいだ。5月30日からのセ・パ交流戦では、ソフトバンクと並んでトップの成績を上げた。以後の15試合位を10勝5敗で乗り切るとともに、5月28日に首位に返り咲いた後は1度も首位を譲ることなくペナントレースを勝ち抜いた。

シーズンを通して4連敗が2回あったが、それ以上の連敗はない。それに対して、阪神には8連敗があり、巨人は13連敗があった。連敗を最小限にとどめるという守りは、結果的には最大の攻撃となることを示していよう。

ところが、その4連敗が大事なクライマックスシリーズ・ファイナルステージで出てしまった。昨日(24日)、セ・リーグのファイナルステージ第5戦でDeNAに9-3で敗れて、2年連続の日本シリーズ出場の夢は消えた。広島は初戦で1勝したあと4連敗し、アドバンテージの1勝を加えて2勝に終わった。レギュラーシーズンの広島らしさが見られず、主軸の不調に加えて投打がかみ合っていなかった。

レギュラーシーズンでは、対DeNAは12勝13敗。今季、セ・リーグで唯一負け越した相手だが、苦手意識があったのかなあ--。それとも、ペナントレースの優勝から1か月以上空いたことで、調子を落としてしまったのかもしれない・・・と、言い訳が口をついて出てしまう。

それにしても、小刻みの投手リレーなどラミネス監督の采配はあっぱれだった。ホームランを打った筒香も、次々と繰り出す投手も素晴らしい活躍だった。TBSラジオの『荒川強啓デイ・キャッチ!』で紹介された時事川柳にこんな作品があった。

<神ってる/よりも脅威の/「ラミってる」>。

「ラミってる」は新語かな。今年の流行語大賞にノミネートされてもいいくらいだ。広島を下して勝ち上がったからには、日本シリーズではもちろんDeNAを応援する。そして、広島の来年は短期決戦でも強くなって、念願の日本一になってほしい。


[PR]
by hasiru123 | 2017-10-25 21:44

プレーオフを考える

衆院総選挙が近づいてきた。各種の世論調査では、3極の争いの中で与野党がどうなるかとういう視点での報道が目立つ。そもそも小選挙区制は、米英のような2大政党制を志向して作られた制度だが、今回のような三つどもえの争いを想定していない。そして、元々民意を反映しにくいという難点を持つ。同制度のメリットよりはデメリットのほうが浮き彫りになってきた昨今である。

衆議院選の終盤を迎えて、プロ野球のクライマックスシリーズのファイナルステージも佳境に入った。連日の熱戦をラジオとテレビを交互に視聴しながら、応援している人も多いのではないか(私の住んでいる地域では、1,2回戦ともBSではソフトバンク×楽天戦、ラジオでは広島×DeNA戦が放送されていた)。

このプレーオフ制度を巡っても、本当にこの制度で日本一を決められるのかと、いつも違和感を抱いている。パリーグでは1位のソフトバンクと3位の楽天が対戦し、セリーグでは1位の広島と3位のDeNAが対戦している。今年は、セ・パとも1位が2位に大差を開けて優勝した。結果として、ソフトバンクは楽天に15.5ゲーム、広島はDeNAに14、5ゲームの差をつけた。

もし、クライマックスシリーズでパは楽天が、あるいはセはDeNAが制したとしたらどうだろうか。クライマックスシリーズは短期決戦だといっても、首位から14ゲーム以上の差をつけられたチームが果たして日本一の決戦へ臨むにふさわしいといえるだろうか。

「制度に完璧なない」とは思いつつ、ペナントレースの結果をより反映できるやり方に手直ししてはどうか。例えば、「1位と2位のゲーム差、2位と3位のゲーム差がそれぞれ5ゲーム以内ならプレーオフへ進出できる」とするのである。ペナントレースで小差であったなら、短期決戦のクライマックスシリーズでひっくり返されても違和感がないだろう。そうすればペナントレースの終盤でより勝負にこだわり、白熱した試合が見られるだろう。ペナントレースで大差をつけられたチームは、クライマックスシリーズに臨む資格がないとみなすのだ。

クライマックスシリーズは、野球ファンにとっても主催者側にとっても魅力ある制度である。この面白さと営業効果を知ってしまったいまは、もう後戻りすることはできない。ここはより現実的な制度を目指して、知恵を絞るのがいい。


[PR]
by hasiru123 | 2017-10-20 07:07 | その他

第12回 第九の夕べ in 喜多院

体育の日の10月9日(月)に、「第12回第九の夕べin喜多院」が開催された。好天に恵まれ、日中の暑さが残る秋の宵であった。

早いもので、このイベントで撮影のお手伝いをさせたいただくようになってから6年になる。喜多院の境内で行うコンサートはすっかり定着し、川越市を代表する恒例の文化行事となった。朝日明実行委員長や小野澤康弘事務局長をはじめとする多くの方々のおかげである。

今回初めてステージに登場したのが、ソプラノの小村朋代さんとアルトの谷地畝晶子さん、バリトンの加耒徹さんである。テノールの松原陸さんは常連で、ロンドン留学中のところをこの演奏会のために帰国された。司会の宮寺勇さん(音楽監督・指揮者)の紹介によると、今年のオペラコンサート(モンテロッソ・アル・マーレのオペラ・コンクールと思われる)で優勝されたとのことで、「オーソレミオ」の独唱には大きな拍手が送られた。

川島容子さんと大畑莉紗さん(内海源太さんが病気のため急きょ変更となった)によるエレクトーンの演奏、4名のソリストたちの独唱、川越第一小学校の子供たちによる合唱に続いて、258名の団員による第九の演奏が行われた。

最後は、全員で「ふるさと」と「よろこびの歌」を合唱して閉演となった。なお、来年は10月8日(月)の体育の日に開催されることが決まっている。

c0051032_16033691.jpg

       第九を演奏する合唱団

c0051032_16044514.jpg

       指揮する宮寺勇さん

c0051032_16051332.jpg

       ソプラノの小村朋代さん

c0051032_16055425.jpg

       アルトの谷地畝晶子さん

c0051032_16061670.jpg

           バリトンの加耒徹さん

c0051032_16063624.jpg

       テノールの松原陸さん

c0051032_16065954.jpg

       川越第一小学校の児童合唱団

c0051032_16071903.jpg

       エレクトーンの川島容子(右)さんと大畑莉紗さん


[PR]
by hasiru123 | 2017-10-12 16:16 | 芸術

遅くなった秋

c0051032_19100600.jpg


ゴーヤは、一般的にはニガウリなどと呼ばれ、夏の日除けとして大変に重宝している。また、ツルレイシという学名がつけられていて、ウリ科の植物である。

体を冷やす効果があるといわれ、夏バテ防止の健康野菜としても利用されるようになった。わが家では、他の野菜や豆腐などを炒めたゴーヤチャンプルーにしたり、朝食時のサラダに加えて食べたりしている。

今年は、10月になってもゴーヤがまだ生(な)っていて、3日に1回くらいの頻度で収穫している。暖かい秋の影響だろうか。

しばらく前であれば、10月に入ると早朝に走るときは袖のあるシャツを着たり、薄手のタイツを着けたりして、徐々に衣替えをしてきたように思う。ところが、今朝もランニングシャツにランパンというスタイルで走ってきた。ただ夏の季節から抜けだせないだけなのかもしれないが、ほとんど肌寒さを感じさせない。

作家の山口恵以子さんが、あるPR誌に連載している「山口恵以子のおばちゃん的日常」というエッセイにこんなことを書いていた。

「春はゆっくりやってきて、秋は突然訪れる」

山口さんは、この時期になるとかつて食堂で働いていたころを思い出し、5升近い米を研いでいると、不意に「水が少し冷たくなったな」と思う日が来るという。すると一気に秋は深まり、毎日が肌寒くなる--。

これが、ふつうの秋だと思う。いずれ、今年も秋は突然にやってくるだろう。しかし、その「突然」がこのごろやけに遅くなった。そして、季節感も狂ってきた。

世界と日本の平均気温が長期的に上がり、気候が確実に変わりつつある。気象データから教えられるまでもなく、その変化を実感できるようになった。人間の活動が気候を変えていることは確実で、気候変動の影響はすでにいくつかの分野で現れている。その反動は、近い将来必ずやってくる。

(写真)9下旬に収穫したゴーヤ


[PR]
by hasiru123 | 2017-10-04 19:13 | その他

狭き門

2月に開催される東京マラソンは、来年で12回目を迎える。一般参加の部門での出場は、抽選で決められている。初回は3.1倍だった競争率が回を重ねるごとに高くなった。第7回には10倍を超え、現在では12倍を超えるようになっている。12人に1人が当選するという、かなりの狭き門である。

インターネットで申し込んだ今年の抽選結果は、9月25日に発表された。私の記憶では、昨年までに9回申し込んでいるが、1度も当たっていない。競争率の数字から、今年あたりはそろそろ当選通知が来てもいいころだなと、淡い期待を抱いていたが、見事に落選した。

私の知り合いには連続して当選した人もいたりするから、くじ運というのはたしかにあるのだな、と改めて実感した次第である。何度応募しても確率が高まるわけではないので、毎年12分の1(約8パーセント)位の確率に期待してチャレンジするしかない。

ということで、今のところ来春に走るレースの予定はない。したがって、当面の目標は今年の11月末に開催される小江戸川越ハーフマラソン(埼玉県川越市)になる。レースへの参加は2年ぶりだ。東京マラソンの半分の距離とはいえ、しっかりスタミナをつけて臨まないと、終盤に苦しむことになるだろう。

昨年来、故障とその回復を繰り返してきたが、6月頃から走る距離を伸ばしたり、スピードの変化(といっても若干です!)をつけたりしても、足に変調を来すようなことはなくなった。幸いに、7月下旬以降は猛暑に見舞われることもなかったので、体に夏の疲れは残っていない。あと2か月間、休養のローテーションを守りながら、調子を上げていきたい。


[PR]
by hasiru123 | 2017-10-01 19:05 | マラソン