夏季合宿を終えて

若葉グリーンメイトの夏季合宿は、7月1日―2日の2日間にわたって実施された。今年も、合宿地は起伏に富んだ新潟県南魚沼郡湯沢町で、自然のシャワーを浴び、温泉の湯にたっぷりつかってきた。あいにくの梅雨の前線が北陸から東北にかけて伸び、当地でも強い雨に見舞われた。

1日目は2回とも大雨の中での練習となったが、2日目は幸運なことに早朝、午前とも練習開始時には雨が上がり、最後まで濡れることなく快適に走ることができた。感謝感激雨あられ。

今回は左脚の故障明けという事情があって、体調の回復具合の確認を目標に掲げた。湯沢町の練習コースは、いずれもいつ走っても大変ハードなところばかりである。具体的に心掛けたことは2つあった。

まず、一番酷使する大腿四頭筋を使い切らないよう余裕をもって練習を終えること。上りはいっぱいいっぱいにならない程度まで追い込むものの、下りは上りで疲労した筋肉を傷めないようペースを抑制することだった。

そして、2日間を通して質と量の面で例年の7割から8割で抑えること。間違ってもオールアウト近くまで追い込まないことに留意した。

練習のコントロールがうまくいったかどうかを測る指標としては、合宿翌日の早朝練習で80分ジョグを問題なくこなせるかどうかで測ることができる。筋肉の張りと痛みが残るのはやむを得ないとしても、問題なく消化することができた。抑制の効果はあったと考えている。

ところで、今年度の大会目標は、11月にハーフマラソンを走り、来春に1本フルマラソンに出場することにおいている。今年こそうまく体調管理を行って、秋の走り込みにもっていければと考えている。

まずは、合宿の走り込みが計画通り進めることができて、ほっとしている。

[PR]
# by hasiru123 | 2017-07-03 19:58 | 練習

陸上競技の短距離走はすぐに勝負がついてしまうのでなじまないが、長距離走、特に10000mはちょうどいい加減の時間である。そして、マラソンは長すぎて時間を持て余してしまう。ここでいう「いい加減」というのは、ビールを飲みながらテレビ観戦するときの時間の長さのことである。この3日間、陸上競技の日本選手権を観戦していてふと思ったのはそんなことだった。

10000mと5000mの決勝は、男女ともみごたえのあるものだった。特に、女子の両種目は勢いを感じさせるレースぶりだった。10000mでは、昨年の優勝者鈴木亜由子(日本郵政グループ)と松田瑞生(ダイハツ)とのマッチレースとなったが、ラスト100mでインコースからスパートした松田が優勝した。1位から3位までの選手が標準記録を超えた。

5000mでは、鍋島莉奈(日本郵政グループ)が標準記録をクリアして初優勝した。両種目とも2位に入った鈴木は本調子ではないながらもレースを引っ張り好記録につなげる役割を果たした。

いずれの種目とも女子は、すでに標準記録をクリアしている選手たちが積極的に前へ出て、競争の中から結果的に好記録に繋げている。まだまだ伸びしろのある選手が多いので、本番前にできるだけ多くの大会に出場してペースの変化に対応できるスピードに磨きをかけてほしい。

それとは反対に、男子は元気がない。男子の出場選手では、両種目とも標準記録をクリアしている選手はなく、競技の中でも記録達成は見られなかった。10000mは、スローペースで展開し、終盤の駆け引きが熱を帯びた。残り600mくらいで大迫傑(Nike ORPJT)が3人の争いから抜け出して、2位に15メートル近い差をつけてゴールした。

5000mもゆったりしたペースで入り、1000m位から鎧坂哲哉(旭化成)や上野裕一郎(DeNA)らが交代で引っ張ったが、最後は松枝博輝(富士通)ら3名の争いとなり、残り50mで松枝が後続を振り切った。

このレースを見て、世界陸上に出場するためのもっとも重要な要件を先送りする男子の戦略に疑問を感じた。いずれのレースも抜きつ抜かれつの激しい戦いとなり、国際大会を見ている気分にさせられた。ただし、記録的には物足りない。世界のトップクラスがそろう大会であったなら、完全に周回遅れのレースになったはずだ。はじめから標準記録超えを放棄しているとしか思えない、消極的な走りだ。

標準記録よりもまず日本選手権で優勝もしくは上位に入賞して、その後の選考対象レースで標準記録を突破すれば世界陸上の代表になれると考えているのかもしれない。たしかに残り1か月強の日程で標準記録を超える選手少なからず出るとは思う。だが、順番が逆ではないだろうか。標準記録をクリアしない限りは日本選手権の成績いかんにかかわらず代表になることはない。

標準記録を持たない選手たちは、なぜ日本選手権で優勝と標準記録の突破を同時に狙わないのだろうか。一人で引っ張っても途中でペースダウンししてしまうのではないかとか、ライバルにつかれて最後にやられてしまうのではないかなどと、不安があるのかもしれない。であれば、同じチームのライバルたちと組んで交代で引っ張ったらどうだろうか。そこへ複数のチームが参戦したなら、さらに高いレベルの競争が生まれるかもしれない。ちなみに、10000mでは旭化成から5名、トヨタ自動車から4名、富士通から2が名出場していた。

そうした激しい競争の中からでないと、好記録は生まれにくい。

[PR]
# by hasiru123 | 2017-06-29 16:46 | 話題

今年の日本陸上選手権は世界陸上選手権ロンドン大会の代表選考会を兼ねて行われた。注目の男子短距離では、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)が100mと200mで2冠を達成した。

100m決勝は、今季10秒0台を出して、参加標準記録を持つ選手が5名いて、それぞれが決勝に進んだ。まれにみる激戦となった決勝は、予選と準決勝を10秒06で走ったサニブラウンが2位の多田修平(関学大)を0.11秒の差をつけてゴールイン。

200m決勝でも、サニブラウンは強かった。スタートから飛ばして、本命と思われていた飯塚翔太(ミズノ)を寄せつけなかった。

今年の両種目は一段とレベルが上がり、世界との差がかなり縮まった。また、世界陸上の決勝へ進める選手が現れるのではないかと期待を持たせる結果でもあった。そして、記録面でも100mは9秒台、200mは19秒台への突入が現実味を帯びてきた。

思い起こせば、世界で初めて100mを9秒台に乗せたのは、1968年のジム・ハインズ(米)によってであった。その後も77年に9秒台が出されたが、いずれも高地記録だった(高地は平地よりも酸素が薄いため短距離走には有利とされている)。したがって、平地での初の9秒台は83年にカール・ルイス(米)が樹立した9秒97である。

それから33年がたち、ようやく日本も、というところまで来た。気象条件と競合する選手の条件がそろえばいつでも実現できそうな気がする。その壁が大きいだけにその突破が注目されるが、選手にはこの壁を最終目標にしないで、その先の世界へ目を向けてほしい。

じっくりと待つことにしよう。


[PR]
# by hasiru123 | 2017-06-26 20:58 | 話題

いよいよ6月23日から3日間にわたって、日本陸上競技選手権大会が始まる。今回は、8月に行われる世界陸上のロンドン大会代表選考会を兼ねている。記録的な期待とともにだれが世界陸上の切符を手にするかに関心が集まる。

男子100mを始めとして同200m、同400mH、同棒高跳び、同やり投げ、そして女子10000mなど、楽しみな競技が多い。特に、男子100mでは気象条件が良ければ9秒台への期待が膨らむ。そして同200mも飯塚翔太(ミズノ)が過去に派遣設定記録Aに相当する記録を出していて、参加標準記録を超えている選手が4名いる。加えて、同4×100mリレーの選考も絡んで、短距離は近来にない激しい競争になりそうだ。

長距離種目はどうかというと、いつものように女子5000mと同10000mは力のある選手がそろった。参加標準記録を超えている選手が5000mは7名、10000mは14名もいる。速いペースでの競り合いになれば、複数選手の派遣設定記録Aの突破も夢ではない。ただし、残念なのは昨年の日本選手権で長距離2冠を達成した鈴木亜由子(JP日本郵政G)が故障で出遅れていることだ。

女子に比べると男子の長距離陣は少し寂しい。参加標準記録を切っているのは10000mで1名、3000m障害で2名である。マラソンのレベルアップのためにも、積極的に記録に挑戦してほしい。

ところで、「派遣設定記録A」とか「参加標準記録」などと書いてきたが、これは何を意味するのかについて、少し説明を加えたい。派遣設定記録Aは、世界ランク12位相当(1ヶ国3名)で8位入賞が期待できる記録で、参加標準記録は国際陸上競技連盟が定めた参加標準記録のことである。また、派遣設定記録Sといって、世界ランク6位相当(1ヶ国3名)でメダルが期待できる記録水準というものある。これらの記録と日本選手権の結果を併せて世界陸上の代表選考基準が設定されている。

たとえば、男女の長距離種目だと、「参加標準記録+日本選手権優勝」か「派遣設定記録A+日本選手権8位以内の最上位」に入れば、日本選手権の段階で即内定となる。また、「派遣設定記録A+日本選手権8位以内」か「参加標準記録+日本選手権3位以内」「参加標準記録+日本GP優勝+日本選手権8位以内」に入れば、第1次代表選手発表時(日本選手権の翌日)に内定する。したがって、記録とともに日本選手権の順位が重要となる。

記録と順位をにらみながら、日本選手権の競技を観戦するとより楽しみが増すことだろう。


[PR]
# by hasiru123 | 2017-06-16 06:14 | 話題

江國香織さんの「支度」と題したエッセイに、「かなり幸福だ、と思う時間に、出かける支度をしている時間、がある」というくだりがある。

着るものを選び、身に着け、その間に鞄や靴を頭の中で決め、その日の予定に思いをめぐらせ、電車に乗ったり喫茶店で人を待ったりするようなら本をもっていかなくてはと考え、本の入る鞄でなくてはと考え、香水を選んでふきつけ、化粧をし、同時にその日に会う人の顔を思い浮かべ、・・・と、さらに8行ほど続いて、準備完了、となる。

「夜ごはんの約束のために夕方支度をしている、という状況はとりわけ幸福だ」。そして、「おもしろいのは、時間に追われることが大事だという点だ」とも書いている。

こうした経験は、だれにでもきっと、ある。若いときだったら、スキーに行くときの支度や、登山をするための準備などは、この気分にぴったりである。先に、何か面白そうなことが待っていれば、そのための支度はとるにたらないものであれ、忙しいことであれ、幸福感に満ちている。

支度に時間を費やすことを意図的に利用する手もある。

たとえば、マラソン大会の出場を翌日に控えて、遠征先へ持っていく荷物を確認するときだ。

移動に交通機関を使う場合の本は何を持っていこうか、夕食時に飲むビールは何にしようか、そもそもビールはやめておこうか、宿泊先でゆっくり休むにはどんなナイトウエアがいいだろうか(備え付けの浴衣は脚が開けて安眠を妨げるので)、朝食は何時にしようか、朝食後にトイレを快適に済ませるためにはどんなものを食べたり飲んだりすればいいか、ウォーミングアップ前にお腹にはどんな軽食を入れたらいいか、スペシャルドリンクには何を使おうか、などを検討する。さらに、ウォーミングアップ時とスタート前、ゴール後の着替えを決め、宿泊先から会場までの交通手段を調べる、当日の起床からスタートまでのToDoリストのようなものを作り、最後に前日までの仕上がりからどんなレースをしたいか方針を決め、5キロごとのラップを設定し、ウォッチに記憶させる。

これらの支度をだらだらと進めてはだめで、ある程度てきぱきと行う。「ある程度」というのが肝である。また、細部にわたる検討は必要だが、ち密な計画はやめたい。あくまでも、支度を楽しむ心のゆとりが必要だ。このことによって、レース前のプレッシャーを幸福な気分に変えることができるからだ。

エッセイの著者は、こう締めくくっている。「この場合、ある種のあわただしさが、決めてなのだ」。


[PR]
# by hasiru123 | 2017-06-06 06:30 | マラソン

マラソンの保険

かつてスポーツ障害保険に加入したことがあった。ある携帯電話会社が提供する保険で、月々の掛け金にそれほど負担を感じなかったためだった。その補償概要は以下のようなものであった。

1 熱中症、テニス、スキー、ゴルフのケガをカバー。日常のケガや自転車事故もOK。
2 日常生活中はもちろん、スポーツ・レジャー中に法律上の損害賠償責任を負った事故も補償がつく。すべてのコースで最大1億円を補償(個人賠償責任補償)
3加害者になってしまった時、お客さまに代わって相手側と交渉する「示談代行サービス 」付き(賠償事故解決特約)
4 シルバーコース以上なら携行中の持ち物の破損や盗難などの損害も補償

この保険は、補償の範囲が広く、ランニングを目的とした保険として使うのは少しもったいない気がして、今は契約していない。

スポーツの種類を限定してケガを補償する損害保険としては、ゴルファー保険、スキー・スケート保険、テニス保険スキー・スケート保険、山岳保険などがある。しかしながら、マラソンに限定した保険は、ない。ただし、マラソン大会当日に参加できなくなった場合に備えての参加料を一部補償する保険は、いくつかの大会で用意しているようではあるが。

一般的に、マラソン大会や個人での練習ではどんな障害が多いのだろうか。調べてみたら、こんなデータがあった。

東京マラソンの過去4回の大会で参加した約14万人の選手のうちで、救護所以外でコース上の救護スタッフによって応急処置を受けた約310名のランナーの集計結果だ。東京マラソン2012 のサイトにある「MEDICAL+マラソンマンの耳寄り情報」によれば、以下のようになっていた。

1.足の筋肉痛・関節痛   64.7%
2.低体温  13.9%
3.靴ずれ・転倒・まめなどの擦り傷(皮膚のケガ)  11.2%
4.脱水症状  6.6%
5.心肺停止 1.0%6.その他 2.6%
(以上、自転車救護チームによって応急処置を受けた東京マラソンのランナーの症状)

これらの障害は、長い時間をかけて身体がダメージを受けることによる場合が多く、急激に発症するものではい。傷害保険の保険金の支払い対象となる傷害は「急激かつ偶然な外来の事故」によって身体に傷害を被った場合に限られており、急激性を欠く場合は、補償対象にならない可能性が高い(日本損害保険代理業協会のサイトを参照)。

マラソン大会へ参加したときのケガや、個人で練習中のケガでは補償の対象が限られる。利用に際しては、各種損害保険の重要事項と照らすなどして、慎重な検討が必要だ。


[PR]
# by hasiru123 | 2017-05-30 06:57 | マラソン

2020年東京五輪のマラソン代表選考方法が決まった。日本陸上競技連盟は、これまでの協議による選考から、同一レースで競う方法に改めた。

19年9月以降に開催する「マラソングランドチャンピオンレース(MCGレース)」から男女各2人の代表を決め、残り1枠は19年秋~20年春の国内3大会から記録最上位者を選ぶ。

「主観がなくなり、客観性のみになったことで、より明快になった」と評価するのは、バルセロナ大会とアトランタ大会のメダリスト有森裕子さんだ(5月6日の毎日新聞「時評・点描」)。代表選考をめぐるトラブルの渦中にあった人の発言だけに、日本のマラソンは基準を巡って大きな一歩を踏み出したといえるだろう。

陸連が4月18日に公表した「東京2020オリンピックマラソン日本代表選手選考方針」※を整理すると、以下のようになる。

MGCレース
1人目 優勝者 → 即内定
2人目 2位で期間内に「MGCレース派遣設定記録」を突破 → 即内定。3位で「MGCレース派遣設定記録」を突破し、2位の選手がこの記録を突破していない場合 → 即内定
3人目 MGCファイナルチャレンジで「MGCファイナルチャレンジ派遣設定記録」を突破した記録最上位者 
   ⇓
上位2人は自動内定(ただし、2人目の選手には内定条件がつく)
MGCレースの出場資格
1 MGCシリーズ(17年夏~19年春の指定5大会)で設定記録や順位をクリア
   または
2 ワイルドカードとして、①17年8月1日~19年4月30日の国際陸連公認の競技会で設定記録を突破、②17年世界陸上で8位入賞、③18年アジア大会で3位入賞、④MGCシリーズでMGCレースの出場資格者がゼロだった場合は強化委員会が出場資格相当と判断
MGCファイナルチャレンジ
19年秋~20年春の指定3大会で設定記録を突破し、3大会の記録最上位者

MGCシリーズは予選にあたり、MGCレースは決勝という位置づけだ。調整力や安定感が求められる。そして、MGCファイナルチャレンジはスピードを重視した選考といえよう。ただし、設定記録の突破者がいない場合は、MGCレースから3枠すべてが選考される。

MGCレースの2人目を決める際に使われる「MGCレース派遣設定記録」は、相当にレベルが高い。男子だと17年8月1日~19年4月30日に2時間5分30秒、女子は同じ期間に2時間21分0秒となっている。男子の記録は日本記録より46秒速く、女子は国内では出ていない記録にあたる。したがって、事実上男女とも3枠の代表者のうち2人は自動的に内定するといえよう。

また、「MGCファイナルチャレンジ派遣設定記録」は、19年5月に発表される予定である。

陸連が発表した「方針」を見て気づいたのは、選考の透明性や明確さ以外に、以下の2つの視点だった。

一つは「世界との距離を縮める」こと。「方針」に、法令の前文にあたる「編成方針」という項がトップにある。そこには、<目標>として「メダル獲得を目指す」が、<代表の条件>として「最大限持てる力を発揮する調整能力」と「世界と戦うスピードを有する競技者」が書かれている。競技能力と記録を高めることで少しでも世界に近づけたいという意図がくみ取れる。

MGCシリーズの各レースでは、大会ごとにMGCレースへの出場資格要件を変えているのは興味深い。たとえば、福岡国際マラソンは日本人順位1-3位が2時間11分以内、4-6位が2時間10分以内という具合に、1-3位よりも4-6位の方が厳しい基準を設けている。したがって、福岡で2時間11分超の記録で3位以内に入ってもMGCレースへの出場資格が得られないことが起こりうる。

MGCレースは競争重視だが、3枠目としてMGCファイナルチャレンジを設けて、スピードのある選手にチャンスを与えている。派遣設定記録が決まるのは2年後だが、おそらくワイルドカードの基準に近い記録が設定されるものと思われる。

二つ目は「事業性を限りなく追及する」ことだ。MGCシリーズの各レースは、2年間にわたり男子は10回、女子は8回の挑戦機会を経て、いわば決勝といえるMGCレースを迎える。これらの大会の視聴率を落とさない工夫がされている。

また、MGCレース終了後のファイナルチャレンジ。敗者復活戦に相当するが、男女とも3回ずつの大会がある。最後の1枠が決まるまで、いやがうえにもマラソンの関心をひきつけずにはおかないであろう。主催新聞社やテレビ局などに配慮した心憎い作戦だ。

これまで混乱の続いた代表選手の選考である。過去の失敗を学習し、主観的な要素を排した透明性の高い方法であると評価できる。あとは、本気でマラソンに取り組む若い選手が輩出して、長期にわたる各大会で自分がテレビに釘付けになる夢を見るとしよう。

※ 陸連のホームページからPDFファイルを開くことができる。 → http://www.jaaf.or.jp/files/article/document/10127-0.pdf

[PR]
# by hasiru123 | 2017-05-17 20:34 | マラソン

シューズの紐

「むすび」について孫に話しかける。
<三葉、四葉、むすびって知っとるか?>
<むすび?>
<土地の氏神様をな、古い言葉でむすびって呼ぶんやさ>

この言葉にはふかーい意味があって、糸を繋げることもむすび、人を繋げることもむすび、時間が流れることもむすび。全部神様の力や、と。

遅まきながら、5月の連休に入って見た映画『君の名は。』に出てくる、ヒロイン三葉のおばあちゃん一葉が語る一コマである。

<縒(よ)り集まってかたちを作り、ねじれて、絡まって、時には戻って、途切れて、また繋がり...>
<それがむすび。それが時間>
と淡々と話は続く。架空の地方の山間部に住む女子高生と、東京に住む男子高生が、夢の中で入れ替わるファンタジーである。

シューズは、その用途により多種多様であるが、その紐もいろいろな結び方がある。右と左の紐を縒り合わせては離し、また縒り合わせる。最後にしっかり結ぶ・・・。脱ぐときは結んだ紐を必ず解き、履くときはまた結ぶ。シューズの紐も、走ることをとおして行く先々の人たちや未来の物語と繋がるむすびだろう。

私がレースで履くシューズは、紐が解けないよう両方に輪を作って交差させるやり方で結ぶようにしている。「イアン結び」という方法で、ご存知の方もおられよう。ちょっとだけ手間を要すことから、普段の練習で履くときは蝶結びが多い。

先ごろ、ランニング中に解けた靴紐を反対の足に引っ掛けて転倒するという事故があった。幸い軽い打撲で済んだが、解けた靴紐に気づかなかった自分にショックを受けた。川柳に<つまづいて身より心が傷ついて>という句がある。

せっかく足の状態が回復に向かい、継続的なランニングができるようになったこの時期である。シューズの紐の緩みで再び治療-回復の物語に繋がらないよう、注意を怠るまい。

c0051032_654524.jpg

   (写真)現在練習で履いているシューズ

[PR]
# by hasiru123 | 2017-05-07 19:28 | 話題

注文の多い顧客

吉野弘さんに、電車が好きな、身振りをかくさない木立ちを題材にした詩があった。題名は『緑濃い峠の』。

<風をまとった電車にあおられ/ のけぞり、たわみ/葉裏を返し、激しく揉まれていた線路際の木立ち。・・・>
<一度、電車というものを見に来て/綺麗な電車に一目惚れ/ そのまま線路沿いに住みついてしまった・・・>

この詩を読んで、思わずいつも履いているランニングシューズのことを考えてしまった。シューズと木立の一方的な愛とは比べようもないが、毎朝ひたすら私の足を支えくれている。自分でいうのもなんだが、この足は注文の多い顧客で、しかも気難しい。いつも無理を強いるばかりだが、シューズはけして悲鳴を上げることがない。

2か月ほど前に、故障中の左足の外反母趾の痛みが高じてジョグができなくなることがあった。これまで履いていたシューズはワイドなつくりのものであったが、もう一段ワイドな規格に変えてみた。そしたら、ほとんど痛みを感じることがなく走ることができた。

外反母趾が悪化して親指付け根がさらに突起するようになったための痛みだったが、新しいシューズは顧客の要望に見事に応えてくれた。こういう製品のことを「一目惚れ」とはいわない、でしょうね。

c0051032_19235596.jpg

(写真)クスノキが生い茂る日比谷公園 2017年5月上旬

[PR]
# by hasiru123 | 2017-05-01 12:34 | 練習

読売新聞のコラム「編集手帳」は、ホリプロの社長・堀威夫氏の自伝を引いてこう書いた。<人気の瞬間風速ではなく、「人気×歳月」の総量を追うのが、前途ある若い人を預かる経営者の責任である>(2012年7月12日)

マラソン選手についても同じことが言えるだろう。指導者には「記録」と「歳月」の掛け算で前途ある若い選手を育てる責任がある、と。そう応援したくなるくらいの活躍だった。ボストンマラソンで3位に入った大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)のことである。

タイムは2時間10分18秒。トラックで著しい成長を遂げてきた選手としては、「驚くほどの好記録ではないな」というのがこの第1報に接したときの正直な感想だった。

しかし、後から伝えられた情報によると、レース当日は20度近くまで温度が上昇していて、2時間3分から4分のベスト記録を持つ東アフリカ勢やリオ五輪のメダリストたちとほぼ互角に闘い上位に食い込んだとのことだった。そして、アップダウンの多い厳しいコースにもかかわらず、35キロから40キロを15分7秒でカバーしたことなどを考えると、相当にタフなレースをこなしたといえるのではないか。

マラソンの成長で大事なのは記録ではない。また、順位でもない。優勝を目指してしのぎを削るレースの中で、ライバルたちと四つに組み、どう挑むことができたかである。数字に表わすことのできないアナログ的な成果といえるだろう。そこから、次の大会に向けてつながるものが得られたとすれば、大きな収穫である。

今回の結果が瞬間風速に終わることなく、さらなる高みに向かう一里塚になることを願う。

[PR]
# by hasiru123 | 2017-04-20 07:43 | マラソン

桜の魅力

其所此所に群れ居る人らもの云はず静かに居ては照れる桜見る(窪田空穂)

「花見酒」という言葉があるくらい、桜には酒がつきものだ。しかし、ここでは一人ゆっくり花をめでる人たちを描写している。いつも思うのだが、花を見ているだけでもですっかり酔ってしまいそうなところを、なぜ酒が必要か、と。窪田空穂は、そこまで詠ってはいないが。

4月の第1土日で桜の撮影を計画していたが、開花状況が思わしくないため、カレンダーとにらめっこしながら日程を変更したりした。また、先週末にはあきる野市にある龍珠院や光厳寺を訪ねたが、花冷えの日が続いたためか一分咲きというところだった。

結果的に、ロケハンにウエイトをおいた撮影が多くなった。自然は、人間の都合には合わせてくれない。

そのためか、この時期いつも撮影に出かけている地元の中院でも、同じ桜に出会うことはない。だから、桜を見て飽きるということがないのかもしれない。

以下の写真は、今年撮ったものである。

c0051032_23541410.jpg
          

4月2日 新河岸川(埼玉県川越市)の北公民館近くで

c0051032_23531719.jpg
          

4月5日 日の出直後の伊佐沼(埼玉県川越市)で

c0051032_23545041.jpg
          

4月5日 新河岸川の水門前で

c0051032_2135317.jpg
          

4月8日 龍珠院(東京都あきる野市)はまだ開花したばかりだった

c0051032_21364277.jpg
          

4月7日 裏側から望む龍珠院

c0051032_21373443.jpg
          

4月14日 小川小下里分校(埼玉県比企郡小川町)


[PR]
# by hasiru123 | 2017-04-17 21:39 | 芸術

3月の大絶賛

五木寛之さんの『深夜草紙』の中に「今週の大絶賛」というエッセイがある。このタイトルを借りて、思わず「3月の大絶賛!」と叫びたくなった。

「ほっとけば治る」「そんなに痛みもない。検査をしてみないと何ともいえないが、大丈夫だと思う」。先の大相撲春場所で優勝した稀勢の里が、千秋楽の夜にテレビ番組で語った感想である。

凡庸な私には、そんなはずはないと思えたが、この横綱は言い訳をしなかった。

稀勢の里は12連勝していたが、13日目に日馬富士に敗れて左肩を痛めた。翌日は出場したものの、鶴竜にあっけなく押し込まれ2敗となった。千秋楽に1敗の照ノ富士と対戦した。

稀勢の里が逆転で優勝するめには、本割と優勝決定戦の2番とも勝たなければならない。鶴竜との取組から見て、だれもが稀勢の里の優勝はないと思っていたはずだ。ところが、2番とも制したのだから勝負はわからない。

白鵬が休場する中で、最後まで綱を張った稀勢の里だった。よく「荒れる春場所」といわれるが、これほど荒れて、感動を与えた場所も少ないのではなかったか。「大絶賛」するゆえんである。

気がかりなことが一つ。平成13年の夏場所で貴乃花が武蔵丸との優勝決定戦を制した大一番を思い出す。左ひざの故障を押しての逆転優勝だった。しかし、貴乃花はその後7場所続けて休場し、再び土俵に上がることなく引退に追い込まれた。稀勢の里には、じっくり故障を治してこれからも土俵を沸かせてもらいたい。  

[PR]
# by hasiru123 | 2017-04-01 18:01 | 話題

陸連登録とは

もうすぐ4月。いよいよトラックシーズンの幕開けです。そこで、日本陸連登録についてまとめてみました。市民ランナーにも大いに関係がありますので、参考にしてください。

Q.日本陸連登録への登録はだれでもできるの?
A.自己記録に関係なく、だれでも登録することができます。
Q.ということは、ランナーならだれでも登録できるんですね!
A.そうです。
Q.登録するとどんなことができるのかな?
A.公認大会のフルマラソンやハーフマラソンで、陸連登録者の部門にエントリーできます。マラソン大会によっては、陸連登録者の部門だと結構前の列からスタートできる場合があります。記録を狙うには多少有利になるかもしれません。公認大会で出した記録は日本陸連から公認されます。そのためには登録が必要となります。公認記録を取得しようとする競技会にエントリーするまでに、登録を行っておく必要があります。また、ロードレース大会などでエントリーと大会実施日の年度がまたがる場合は、エントリー時も大会実施日も登録会員である必要があります。

c0051032_21313561.jpg

Q.全国の登録者数はどのくらいあるの?
A.平成27年度で、登録会員数は39万人を超えました。年々増加傾向にあります。
Q.登録の種類はどうなっているのかな?
A.日本陸連の登録では、競技者、審判、指導者の区別はなく、団体登録か個人登録かの区別です。団体登録は、都道府県陸協にチーム(団体)単位で登録する方法です。個人登録は、都道府県陸協に個人で登録する方法です。個人登録で競技会に出場する場合は、所属は都道府県陸協名となります。その他に、地域単位の陸協(例:○○市陸協)、中学生登録、高校生登録、大学生登録があります。また、都道府県によっては独自に受付時に競技者登録、審判登録と分けている場合があります。詳細は都道府県の登録規程を参照してください。

c0051032_21315817.jpg

Q.登録の手続きの仕方を教えて。
A.各都道府県陸協が窓口となります。登録料は各都道府県陸協が個別に設定しています。年間1,500円~4,000円/人程度です。登録の有効期間は、4月1日から翌年3月1日の1年間で、継続する場合は、毎年更新が必要です。また、受付期間は2月末から12月末までなので、年末から2か月間は登録できません。個人のランナーは、地域単位の陸協がおすすめです。登録料を払うだけで登録手続きを自分でやらなくて済みます。

(写真)埼玉県川越市 この時期、中院の枝垂桜が満開です。


[PR]
# by hasiru123 | 2017-03-28 20:40 | 基礎知識

蔵と煉瓦

私が住んでいる埼玉県川越市には、蔵造り商家が数多く残されている。蔵造りの町並みが作られるきっかけとなったのは、明治26(1983)年3月17日の大火だった。

当時の東京朝日新聞によると、川越の全戸数3315戸のうち全焼及び半焼の土蔵で4分の1を占めたとされている(明治26年3月22日記事)。この中には、第八十五銀行(現在の埼玉りそな銀行)や鐘撞堂(かねつきどう)、蓮馨寺(れんけいじ)などが含まれていた。そして、この未曾有の大火災で川越商人たちの防火対策への意識の変革をもたらした。

商人たちは、同じ惨事を繰り返さないよう、建物そのものを防火建築にすることを考えた。伝統的な工法による蔵造り建物だ。最盛期には100軒以上の蔵造り建物が街中にひしめき、町並みを形成していた。

先ごろ、函館市で防災の先駆けといえる建築物を見る機会があった。「金森洋物店」である(下の写真参照)。

c0051032_14523969.jpg

館内は、明治から昭和にかけて何度か大火に見舞われてきた。明治11年、12年の大火で函館のほとんどの市街区域を焼失した。このため開拓使は、市街の区画整理と不燃質家屋の奨励に乗り出した。明治12年に被災した初代渡辺熊四郎もその施策に応じ、翌年11月に、開拓使の茂辺地煉瓦石製造所の煉瓦を使った洋風不燃質店舗の「金森洋物店」を開店させた。 

この店は主に舶来製の小間物や雑貨品を販売し、明治40(1907)年の大火では、周囲の不燃質店舗が焼失する中で、金森洋物店のみが難を逃れた。大正14年まで店舗として使用された建物は、昭和38年に北海道指定有形文化財に指定され、昭和44(1969)年から旧金森洋物店「市立函館博物館郷土資料館」として開館している(以上は、当館スタッフの解説による)。

煉瓦造りと蔵造りの違いはあるが、同時代の北国と川越に共通した防災対策がとられたことは興味深い。

以下の写真は、雪が降ったりやんだりだった3月上旬の函館市内で撮ったものである。

c0051032_14532661.jpg

函館市旧イギリス領事館 元町にあるかつてのイギリス領事館である。

c0051032_14541973.jpg

裏側から見た旧北海道庁函館支庁庁舎 現在は函館市写真歴史館・函館市元町観光案内所として活用されている。

c0051032_14543867.jpg

旧函館区公会堂 明治43年(1910年)に建てられた左右対称のコロニアルスタイルとブルーグレーとイエローの色が特徴的な美しい建物だ。

c0051032_1454586.jpg

五稜郭 周りの堀は固く凍結していた。

c0051032_14551580.jpg

上下和洋折衷住宅 一階が和風、二階が洋風に設計された木造二階建ての店舗・住宅で、元町付近でよく見られる。

[PR]
# by hasiru123 | 2017-03-18 14:34 | その他

2月26日に行われた東京マラソンの男子は、ウィルソン・キプサング(ケニア)がマラソン国内最高記録の2時間3分58秒で優勝した。そして、井上大仁(MHPS)が2時間8分22秒で日本人トップ、総合8位に入り、世界陸上ロンドン大会の有力な代表候補にに名乗りをあげた。

8人の先頭ランナーが、最初の5キロを14分14秒から16秒で通過した。まれにみるハイペースである。ちなみに、世界的な大会で最初の5キロが最も速かったのは、2009年ロンドンマラソンで走ったサムエル・ワンジル(故人、ケニア)の14分8秒だそうである。ただし、このときのワンジルは終盤に大きく崩れて世界記録にはならなかった。

東京マラソンでは、ケニアの選手たちもペースメーカーの速い入りに引っ張られるかのようにラップを刻んでいた。無理をしている様子は全く見られない。こういうときは、好記録が生まれやすい。テレビ中継のアナウンサーも「2時間を切るハイペース」と絶叫していた。たしかに、速かった。

ただし、驚異的なハイペースだったかというと、そうでもない。というのは、この大会は前半にハイペースで展開することが多いのである。なぜなら、初めの6キロで40メートル近く下るからだ。井上大仁や11位の設楽悠太(Honda)も最初の5キロが14分31秒だったが、これも冒険的ではあるが無謀とはいえないくらいの速さだった。二人は、次の5キロも14分40秒台をキープした。

設楽の走りで私が評価したいのは、15キロまでの5キロをキプサングよりも12秒速い14分32秒に上げたことである。この追い上げで先頭との差を10秒に縮めた。もし、その次の5キロで8人の集団に追いつくことができたとしたら、と期待を膨らませながらテレビに見入った。単独で先頭を追うよりもずっと楽に走れただろうし、後半の減速を抑えることにつながれば日本最高記録もついてくるのではないか、と。

さすがのキプサングらは、15キロ以降の5キロを14分30秒前後に上げ、設楽は少しずつ離れ始めた。設楽の世界トップへの挑戦は、ここで終わった。しかし、20キロまでは先頭の背中が見えるところでレースをしたという経験は大きな意味を持つ。それによって、次は30キロまで、そして35キロまでと、サバイバルレースができる距離を伸ばしていこうという気持ちが生まれてくるからだ。

東京マラソンの直前には、アメリカでトレーニングを積んでいる大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)がボストンマラソンに出場するという記事を目にした。大迫は、昨年の日本選手権で5000mと10000mを制し、リオデジャネイロ五輪に出場したスピードランナーである。

設楽や大迫らの若いマラソンランナーの台頭が待たれる。

[PR]
# by hasiru123 | 2017-03-02 20:05 | マラソン