ブログトップ

夢のマラソン

 「通常の運動を若いうちから始めれば、やり方によっては寿命を延ばすこともあるが、中年から始めた場合は、寿命を確実に短くする」という結果が、ある研究者の動物実験から判明した。「スポーツとは生物的、医学的に見て、どうう考えても体にわるい」「スポーツのあと<いい汗をかいた>などというのがおかしいのであって、スポーツの汗も”冷や汗”も、体にとってはピンチな状態を意味し、歓迎せざること」なのだそうだ。

 これまでランニングをはじめとする各種のスポーツに積極的に取り組んできた人にとっては、大変ショッキングなメッセージである。「スポーツが体にわるい」理由は、「心身に大きなストレスを生じさせ」「活性酸素という猛毒の物質を体内に多量に発生させるから」だという。健康に貢献するはずのスポーツが、活性酸素の元凶だというのである。活性酸素のメカニズム、スポーツによるストレスと病気との関連分析、成人病の予防や治療への効果、子ども・女性・中高齢者とスポーツなどについて、スポーツで体をこわさないための視点に立って述べている。「成人病に運動療法は有効か」の章では「少し肥満の方が長生きする」「脂肪は生命力の象徴である」と必ずしも脂肪は「悪」ではなく、少し太めの方が体にいいことを実データに基づいて解説し、最近のダイエット志向に警鐘を鳴らしている。

 マラソンについてもこれまで常識とされていたことが、ことごとく否定されている。そのひとつが「グリコーゲン・ローディング」(カーボローディングともいう)だ。この方法は、運動時にエネルギー源となるグリコーゲンを効率よく体内に蓄積するための方法である。運動前には消化・吸収のよい炭水化物を摂取する選手が多いが、急激に血糖値があがり、大量のインスリンが分泌される。このような極端な変動が繰り返えされると、血糖値の調整機構がこわれ、やがて糖尿病の発病を促すことになる。私もフルマラソンでは、スタート1週間前から「緩やかな方法で」実行してきたが、一部に医学的な面で否定的な見解が出されていることは知っていたので、あくまでも「緩やかな方法で」行っていた。改めて、「グリコーゲン・ローディング」の見直しが必要であろう。

 もうひとつは、「スポーツドリンクの恐ろしさ」である。スポーツドリンクによるレース前のブドウ糖の多量摂取は、一気に血糖値の上昇を招き、それを抑えようとしてインスリンが多量に分泌されるというのだ。最大酸素摂取量の70パーセントの強度の運動をする45分前に、ある選手に70グラムのブドウ糖を投与し、何もエネルギー源も補給しなかった選手とレースをさせて比較したデータを参考にあげているが、説得力のある解説である。

 そのほかにも、水泳は血糖値上昇因となるので「体にいいとはいえない」し、「ウォーミングアップは、一般の人には敬遠すべきだ」という。ここまでスポーツを否定されると、スポーツはやらないに限るのかというと、著者はそこまでは言っていない。スポーツで体をこわさないためには、今までのスポーツの常識を盲信するな、という意味に理解した。スポーツの体への影響について、さらに科学的な解明が行われることを念願してやまない。私は、昨年秋に足を故障した折りにこの本に巡り会ったが、これまでのトレーニング方法を省みるよい機会となった。

 なお、著者は本書の中でも触れているとおり、大のスポーツ好きで、球技や山登りを愛する基礎老化学者である。

                 加藤邦彦著(カッパブックス・品切れ)
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-11 14:36 |

 84年ロサンゼルス五輪女子マラソン代表で、スポーツジャーナリストの増田明美さん(41)が8日、ファイナンシャルプランナーの井脇祐人氏(40)と結婚した。増田さんの事務所が公開しているホームページで明らかにした。


 著作権法遵守のため、「見出し」はオーサーで作成し、「簡単な概略」のみの紹介としています。詳しくは、2005年2月9日の朝日新聞記事をご覧ください。
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-10 01:33 | 話題

LSDとは何か(1)

 LSDとは「ゆっくり長く走る」ことによって、マラソンに必要な超持久力を養うトレーニング方法です。LSDの身体に与える影響、トレーニング効果、技術などについて考えていきたいと思います。「楽しく走る」ということを念頭におきながら、スタートしてみませんか。

 下記に表示したリンク「1年を走り通す」は、hasiru123のオーサー(執筆者)が所属しているランニングクラブ「若葉グリーンメイト」の定期総会(2004年4月)で紹介させていただいたレジュメです。このチャートを見ただけでは何のことかよくわからないかもしれませんが、これまでの経験や実例を書きながら、トレーニング方法をともに学んでいきたいと考えています。ときには後戻りして加筆修正しながら、進めていきます。おつきあいのほど、よろしくお願い申しあげます。

 なお、この記事を作成するにあたって参考にした資料等は最後にまとめて表示いたします。

   年を走り通す
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-08 23:48 | 練習

 女子マラソンで03年世界選手権銅メダルの千葉真子(28)が7日、佐倉アスリート倶楽部(小出義雄代表)を昨年末で離れたことを発表。豊田自動織機には引き続き所属。新たな指導者にはつかず「自身の経験を生かして練習メニューを組み、レースに臨む」と。

<ひとこと>
 千葉さんは、トラックでもまたマラソンでも常に先頭をきって走り、自分でレースを組み立てるタイプの選手だ。これからはコーチの指導を受けずに一人で練習を続けるという。日々のトレーニングをどう組み立てていくのか、今後の取り組みに期待したい。

 著作権法遵守のため、「見出し」はオーサー(執筆者)で作成し、「簡単な概略」のみの紹介としています。詳しくは、2005年2月8日の朝日新聞記事をご覧ください。
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-08 21:38 | 話題

箱根駅伝考

 2003年12月に若葉グリーンメイトの忘年会において、箱根駅伝について私見を申し上げたことがある。小会の顧問をお願いしている大東文化大学の青葉先生をお招きしていたということもあって、大変僭越な発言であることを承知の上で述べさせていただいた。現在もこの思いは変わっていないので、少しでも箱根駅伝を楽しく見るためにという視点で、改めてここにご紹介させていただく。                 

-----------------------------------
               箱根駅伝改革試案
                                           2003年12月7日
                                       若葉グリーンメイト 森脇

 今年1年間を振り返ってみますと、充分な練習を重ねながらも本番で結果を出せなかった人、故障に泣いた人、トレーニング不足の中で最高のパフォーマンスを発揮して好成績を収めた人。様々な2003年だったと思います。私たちにとって、最大の収穫は健康を維持しつつ走り続けることができたことではないでしょうか。来年もぜひ元気に走り続けたいと思います。

 話は変わって、ここからは一駅伝ファンとしての話題提供です。

 次ページ(当日配布)は、昨年12月に発行された「箱根駅伝公式ガイドブック」(月間陸上競技1月号増刊)に掲載された、青葉先生をはじめ関東学連の役員の方々による座談会記事のコピーです。この中で、青葉先生は駅伝対策委員長として司会を務めておられます。これまで、ポイント制による選定方法や選抜チームの導入など改革内容に多くの疑問を抱いておりまたが、この座談会を読んで、ポイント制を取り入れた背景や、出場枠増大、1チーム1台の運営管理車配備などについてのご苦労がよく理解できました。歴史に残る大改革といっていいと思います。沢木先生は「今回まいた種は何年か先にぱっと花が咲く」とおっしゃっておられます。ぜひそうあってほしいと思います。

 それでも、まだ改革の余地はまだ多く残されているように思います。そこで、更なる改革試案を提案させていただきます。
①ポイントの範囲は長距離種目に限定
陸上競技あっての駅伝という基本的な考え方を重視する立場から、本選出場9校のうち下位3校にポイント制を適用するが、ポイントの適用範囲を長距離種目に限定する。現在の方法では、今後跳躍や投てき種目のポイントに後押しされて本選出場を勝ち取るケースが出てくると思うが、結果的に日本の長距離種目の足腰を弱めることにならないだろうか。
②20番目のチームは全日本インカレの長距離種目で活躍した大学から
選抜チームではモチベーションが上がらない。力のある選手でも、「なんとしてもチームのためにがんばる」という粘り強さにかけるため、力を発揮できていない。これは今年の大会を見ての感想。選手の育成という立場からすれば、一人でも多くの選手に大きな大会で単独チームで走り、力を出し切る経験を踏んでもらいたい。関東インカレではなくて全日本インカレかというと、関東の大学に優秀な選手の集中しすぎて、全日本インカレの競技自体が面白くなくなっている。長距離男子は特にその傾向が強い。箱根駅伝が突出した人気を持っていることと無関係ではないと思う。そこで、全日本インカレで優秀なで成績を収めた関東以外の大学を選考し、招待する。もちろん本選会で11位以内に入れば、翌年度のシード校となる。学生陸上をリードする関東学連は、全体のレベルアップを視野に入れた施策があってしかるべきだろう。

 とまあ、勝手なことを申し上げましたが、忘年会の席に免じてお許しください。
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-07 08:00 | 駅伝

2004年12月5日に行われた若葉グリーンメイト忘年会において、ランニングについてのクイズを勝ち抜き方式で実施しました。市民ランナーならぜひ知っていてほしい(知っているであろう)基本知識を問うもので、最後まで勝ち残った鈴木敏夫さんにはその栄誉を讃えて関谷会長よりWGM会長賞と副賞を授与しました。今回は6問で決着がついてしまい、少し難しかったようです。できれば10問までは行きたかったというのが出題者の心境です。来年は、半数の方が正解となるレベルの問題を目指して出題にあたりたいと思います。

   ――――― 問 題 ――――――

【問題1】アテネ五輪男子1500Mと5000Mはエル・ゲルージ(モロッコ)が制したが、五輪の同種目で2冠を獲得したのはこれが初めての快挙である。

【問題2】アテネ五輪の陸上競技における地域別金メダル数は、1)ヨーロッパ22,2)北アメリカ8,3)アフリカ6の順であった。

【問題3】今年行われた埼玉国体少年男子A5000Mで、13分39秒87の高校新を出したのは、佐久長聖高校の佐藤悠基である。

【問題4】長距離走では、筋肉や肝臓に貯えられている「グリコーゲン」や、皮下脂肪など体内に貯えられている「脂肪」などがエネルギー源となるが、早く消費されるのは「グリコーゲン」である。

【問題5】ボストンマラソンで、日本人初の優勝者は、山田敬蔵である。

【問題6】世界の男子マラソンで初めて2時間10分の壁を破ったのは、カナダのドレイトンである。



   ――――― 解 答 ――――――

【問題1】正解 × 
 1924年パリ大会でのパーボ・ヌルミ(フィンランド)以来、80年振りのことである
【問題2】正解 ○
【問題3】正解 ×
 佐藤秀和(仙台育英高校)。佐藤悠基は14分06秒62の4位
【問題4】正解 ○
 グリコーゲンの枯渇状態をトレーニングの中でくり返していくことで、脂肪が減っていく。
【問題5】正解 ×
 田中茂樹。1951年に2時間27秒45。山田敬蔵の優勝は1953年で、2時間18分51秒。
【問題6】正解 ×
ディレク・クレイトン(オーストラリア)。1967年福岡国際マラソンでの2時間9分36秒。このとき一度も給水をしなかったことが話題に。                                
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-07 00:12 | その他

                                             平成17年1月23日                                            坂戸市陸上競技協会                                          文書作成者 森脇 康行c0051032_1934691.jpg

 第72回埼玉県駅伝は雨の降りしきる中、川本町もくせい館前スタート-上尾陸上競技場ゴールの41.7キロ間で行われた。坂戸市陸上競技協会としての参加は今年で2回目となるが、2時間26分29秒は前年の同チームの記録を6分上回る。結果的に、第2部(市町村男子の部)で前年の17位から13位(24チーム参加)に引き上げた。  

 6区間中5区間でチーム新記録となった。競合がひしめく1区では高橋さんが38分2秒で走り、2区以降のがんばりに勢いをつけた。2区の大崎さんと3区の椙本さんは実力通りの力を発揮した。4区の越橋さんは本格的な練習を再開して間もないにもかかわらず、1キロ3分30秒を切るペースで押し切り、区間12位。5区の長丁場も松村さんが区間12位で乗り切った。アンカーの横川さんは、最後までしかっりタスキをつないでもらった。当初立てた成績目標「2時間26分で15位以内」に対しては、タイム的には14秒しか違わず、順位では目標を超えることができた。各区間を受け持った選手たちは持てる力を十分には発揮した大会であった。

 今回の好成績を生んだ要因は、次のように考える。一つは、伊藤監督、比留間坂戸市陸協会長を始め、サポートをいただいた多くの役員各位の協力である。特に、伊藤監督には数回にわたるミーティングを重ねて出場への準備を進めていただいた。また、何度もトラックの練習を見て、有益なアドバイスをいただいた。もうひとつは、非常の事態に備え、岡田さんには補欠に回って、最後までスタンバイしていただいたことである。市民ランナーチームで本当に「使える」補欠を準備するのは難しいことである。その役割を担っていただけたことは大変心強かった。

 今回の結果で、「10位以内」が見えてきた。2,3年後を見据えた課題として、2点挙げておきたい。1点はさらに選手層を厚くしてもう少し若返りを図りたい、ということだ。05年メンバーの平均年齢は偶然にもフルマラソンの距離と同じ42.195歳であるとか。ベテランの確実な走りは重要であるが、数年先のチーム強化を考えるといつまでもベテランにたよってはいられないと思う。もう1点は、WGMメンバーに偏重したメンバー構成から名実ともに坂戸市を代表するチームにするために、広く市民から力のあるランナー募るなどして、育成していくことだ。坂戸市のスポーツイベントに関する広いネットワークをもっていらっしゃる役員の方々には、力をお借りしたい。

 来年は深緑のユニフォーム(ランニング)に加えて、白のパンツを用意しようという声がある。ぜひ、新しいユニフォームで新たな目標にチャレンジしたい。

参考:
■2005年1月16日午前10時(熊谷)の気象コンディション
        気温5.0度、西北西の風4.6m、湿度87%、雨
■参加チーム
        第2部(市町村男子の部)で24チーム
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-06 19:06 | 駅伝

別府大分毎日マラソン

 2月6日に行われた第54回別府大分毎日マラソン大会で、入船敏(カネボウ)が自己最高の2時間9分58秒で初優勝した。8月に行われる世界選手権ヘルシンキ大会の代表候補に名乗りを上げた。     (2005年2月6日のTBSテレビ中継から)
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-06 17:25 | 話題

箱根駅伝中継にひとこと

 今年の正月は、足の故障のため走れず、久しぶりに箱根駅伝をじっくりテレビで観戦した。今年もいろいろなドラマがあって、2日間とも飽きさせることがなかった。選手及び役員の方々には、あらためてお疲れさまといいたい。

 箱根駅伝に限らないのだが、駅伝のテレビ中継を見ていて気になることがある。ひとつは、アップがやたらに多いことである。選手の表情はよくわかるのだが、テレビを見ている人にとっては顔よりもどんな走りでどういう位置でレースが展開しているかが知りたいはずだ。少なくとも私の場合は、どの地点から走るフォームがどう変わってきたか、それがペースにどう影響するのかに興味がある。もちろん、苦しみもがいている姿もドラマには違いないのだが。このことは、テリー伊藤さんが1月15日の毎日新聞でも書いていた。「選手たちが今どの町を走っているか、沿道の人たちはどんな晴れ着を着ているかといったこと」を伝えるべきだと。
 
 もうひとつは、アナウンサーの絶叫である。デッドヒートの場面だけではない。いたるところで聞かされるのである。プロレス中継のように。見ている人を感動させたいという気持ち(もしかしたら視聴者を釘付けにしたいという気持ちも)は分かるが、テレビは画が命。よけいな叫びは不要である。

       箱根駅伝ホームページ:http://www.ntv.co.jp/hakone81/
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-06 07:11 | 駅伝

 名栗村との合併を記念した「第3回奥むさし駅伝競争大会」が1月30日、東飯能駅西口前-西吾野駅前折り返しの39.583キロ(6区間)のコースで行われた。選手のみなさん、そしてサポートをお願いしたみなさん、寒風をついての参加、お疲れさまでした。

 今回はWGM関連団体から2チームが参加した。昨年より1チーム減で臨んだが、いろいろな意味でよい結果を残せたと思う。ひとつは、各選手とも十分に力を発揮して、両チームとも予想を上回る記録終えたことである。高橋さんには、2チームを股に掛けて走っていただいたが、いずれも区間50位以内とフル回転の活躍であった。特にエース区間の1区では35分01秒と健闘を見せ、今後の成長がおおいに楽しみである。また、岡田さんは、急遽4区を担当してもらったが、予想を上回る好走を発揮してくれた。

 もうひとつは、今回が初めての試みであるが、各中継所には選手以外にサポートをお願いしたことである。市民ランナーチームでは、なかなかサポートだけを担当することは難しいと考えていたが、快く協力していただくことができた。おかげで、快適な環境下でのタスキ渡しができたことと思う。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 WGMのみなさんからはメールでいろいろな感想を送っていただいた。以下、そのうちの一部をご紹介すると・・・。「予定タイムを設定したのは、到着時間の目安になって助かったが、できれば累積時間もあるとさらに便利」「向かい風と登りに苦しんだ」「駅伝では中継所でのサポートの有無で、大きな違いがある。走ることに専念できた」「(1区では)50歳代とおぼしき選手は2、3人しか見あたらず、10~30代がほとんど。後ろから出れば、どんどん抜けるが、なかなか落ちてこない」「走り終わった後に軽い充実感がありましたね。これが仲間と走る駅伝の魅力でしょうか」「9㎞以上を2回というのは初めてで不安もありましたがいい練習になった」「自分の走りは、過去走った中の駅伝でのワースト3にランクされるくらいの大凡走。・・・心機一転!毎週土曜日の東洋大学トラックでのスピード練習を本格的に復活させたい」

 レース終了後は、いつもの「ぬまうどん」で昼食を兼ねた反省会を行った。「来年こそ」と胸に誓ったのは私だけではなかったようだ(このレポートを書いている森脇は04年秋から左足故障のため走ることができず、チーム責任者兼サポートという立場で応援をさせてもらった)。

 最後に、大会主催者にひとこと。伝統の奥むさし駅伝が復活して3回目を迎え、喜びに絶えない。関係各位の尽力に感謝したい。ただし、かつてに比べると参加チーム数や繰り上げスタートなどの規制がきびしくなっている。交通事情を考えるとやむをえないのかもしれないが、以前のように折り返し地点が正丸駅前まであって、しかも繰り上げスタートは第5中継所だけであったことを思うと、現在の大会は市民ランナーにはきついなあ、というのが偽らざる感想である。少し飛躍があるかもしれないが、厚生労働省が医療費削減を目指して、健康づくりのためのスポーツを振興しようという時代である。競争を望まない市民ランナーに門戸を拡げる必要があるのではないだろうか。もちろん、市民ランナーチームの協力が欠かせないことはいうまでもない。
c0051032_20114741.jpg

   記録  若葉グリーンメイト   2時間29分58秒
        千代田ランナーズ   2時間42分59秒
[PR]
# by hasiru123 | 2005-02-05 20:14 | 駅伝