夢のマラソン

hasiru123.exblog.jp

森脇康行です。             LSDから始めるランニングの世界を追求します。コミュニケーションを大切に、そして健康に注意しながら走っていきたいと思います。

ブログトップ

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』

日本の女子選手で、世界で初めて「トリプルアクセル(3回転半)」を飛んだのはフィギュアスケートの伊藤みどり選手。それでは、史上二人目のトリプルアクセル成功させた米国の選手は、と聞かれるとすぐには思い浮かばないかもしれない。

しかし、「ナンシー・ケリガン襲撃事件」に関わったとして元夫が逮捕され、本人も関与を疑われフィギュアスケート界から永久追放された選手といえば、ご存知の方もおられよう。そう、トーニャ・ハーディングだ。

1994年のリレハンメル五輪の出場権がかかった全米選手権大会の前日にハーディングのライバルであったナンシー・ケリガン選手が襲撃された。「アイ、トーニャ」は、この事件を題材にした映画である。

ハーディングやその母親、元夫らへのインタビュー(俳優が演じている)を中心に物語が進められ、ドキュメンタリー風に仕上がっている。幼い時から母親に虐げれれ、夫からは日常的にDVに遭い、なかなか極貧から抜け出せないでいた。そんな中で、スケートの猛練習を積んで五輪の代表にまで上り詰める。そこへ転がり込んだのが、この事件だ。

ところが、米国の格差社会から抜け出したヒローインになりかけたお話とはならないところが、面白い。今でいう米国の下層に拡大する「ホワイト・トラッシュ(貧乏白人)」であるにもかかわらず、悲惨さとか暗さがない。見終わった後の、この乾いた不思議な感覚は何だろうか。

夫からのDVや母親からの口汚いののしりをくすっと笑ってしまう暖かさかもしれない。あるいは、フィギュアをやめた後にボクシングを始めるしたたかさ、か。主演のマーゴット・ロビーの演技力とスケーティングも光った。この国にも広がる格差社会とMeToo運動を、冷めた目で見つめる格好のテーマだと思う。


[PR]
by hasiru123 | 2018-05-06 20:42 | その他