夢のマラソン

hasiru123.exblog.jp

森脇康行です。             LSDから始めるランニングの世界を追求します。コミュニケーションを大切に、そして健康に注意しながら走っていきたいと思います。

ブログトップ

「パーム油」をご存じですか


先ごろ、私が参加している消費者団体(NACS東日本)の研究発表論文集に、<あなたは「パーム油」をご存じですか>と題した一文を寄せた。埼玉県に住む会員で構成される分科会の10名のメンバーが作成したものである。

「パーム油」は、アブラヤシの果肉や趣旨からつくられる油である。近年、世界で最も多く消費される植物油で、生産量も増加の傾向にある。そして、わが国でも大量に消費されるようになった。意外と知られていないことだが、日ごろ私たちが利用するスーパーマーケットにある商品の半数近くにはパーム油から得られた油脂やその派生物が使われている。食品ではマーガリンや即席めん、マヨネーズなどからチョコレート類、スナック菓子、アイスクリームに至るまで、そして食品以外でも石鹸や洗剤、塗料、化粧品、などの日用雑貨品でも幅広く使われている。

パーム油の原料となるアブラヤシは8割以上がインドネシアとマレーシアで生産される。急激な農園開発で熱帯雨林の減少や焼き畑による火災、先住民族が住まいを失うといったさまざまな環境問題が発生した。

昨年5月、私たちは「持続可能な社会に関する研究」の中で「エシカル消費の推進と企業の社会的責任」をテーマに発表を行った。その後も継続的に「エシカル消費」の視点で、月例会を行ってきた。その中でいちばん関心の高かったテーマが「パーム油」だった。エシカル消費の流れを踏まえ、栽培から消費までを、消費者目線で考えることが本研究のキモである。

「エシカル消費」という言葉は聞きなれないかもしれないが、国の「消費者基本計画」では「環境や被災地の復興、途上国支援など社会的課題に配慮した消費を促す」とされている。ちなみに、東京五輪で調達する物品も持続可能なものを選ぶという取り組みがすでに始まっている。

世界は持続可能な脱炭素社会の構築に向けて動き出しているが、日本はSDGs(国連の持続可能な開発目標)や脱炭素化の取り組みで、世界の潮流から大きく後れを取っている。エシカル消費の視点からなされる様々な活動が周回遅れを取り戻すことにつながればと考える。

そんな折、パーム油の野放図な大量生産に伴う環境破壊への理解を深めてもらおうと、東京都内の学生グループらが5月19日と20日に横浜市でゲーム形式のイベント「動物たちの楽園 ズーラシアに眠るパームの実を探せ!」を開催すると毎日新聞のウエブサイトが報じていた(5月15日)。このイベントでは、アジアゾウなど熱帯に生息する動物を観察しながら謎解き形式の問題に30分間取り組んだ後、グループのメンバーらが持続可能なパーム油の生産や消費について分かりやすく解説してもらえるとのことだ。

私たちと地球の未来を考える上で、企業と消費者、行政に対してパーム油への関心が広がることを切に願う。

c0051032_19444051.jpg
    (写真)新緑みなぎる国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)



[PR]
by hasiru123 | 2018-05-16 19:51 | その他