夢のマラソン

hasiru123.exblog.jp

森脇康行です。             LSDから始めるランニングの世界を追求します。コミュニケーションを大切に、そして健康に注意しながら走っていきたいと思います。

ブログトップ

弱った身体をいたわる

7月23日は、二十四節気の「大暑」だった。大暑のころは、日本では最も暑いと言われるが、暑さの本番はこれからで、8月上旬から中旬にかけてピークを迎える。

この日の朝、郊外を走っていたら東秩父の山並みがくっきり見えた。梅雨明けしたあと、ほとんど見ることはなかった稜線に思わず目をやった。日差しはあったものの、クリアに晴れ渡っていたわけではない。それだけ、空気が澄んできたということだろう。

暑い、暑いと言いつつも、少しだけ秋に近づいたのかと思うと、気分が安らぐ思いがした。大暑の中を毎日走るランナーにとっては、この「小さい秋」がうれしい。

そして、今日7月28日の天気予報では、八丈島の東約270キロにある台風12号が夜遅くから29日未明、勢力を維持したまま東海地方から紀伊半島に上陸する可能性が高くなった。普通であれば西から東へ通過する台風が、時計の針を逆進させるかのように反時計回りに進む見込みである。

台風は気象に思わぬ影響をもたらすようで、ここ数日間は最高気温が30度くらいの日が続いていた。暑いとはいえ日中の温度は30度までというのが、これまでの夏だった。猛暑に苦しんだ私たちにとって、ふつうの夏がいかに涼しく感じるかを教えてくれた。

夏の台風や低気圧が通過すると、気象の流れが変わるといわれる。昨年はたしか7月末の大雨の後、猛暑が落ち着いた記憶がある。それは、私の練習ノートの記録からもうかがうことができる。

そこで注意しなければいけないのが、暑さ疲れである。大量の汗をかいた後に冷たい水分や食品を摂り続けることで、消化器官のあちこちが弱っているはずである。食事を十分にとれなかった場合には、筋力やスタミナが落ちているかもしれない。

暑さに慣れてくるこの時期は、意識して走る量や質を押さえて、身体に優しいトレーニング(ランナーであれば、疲労回復ジョグなど)に徹する必要がある。


[PR]
by hasiru123 | 2018-07-28 12:54