夢のマラソン

ブログトップ

2018年小江戸川越ハーフマラソン

小江戸川越ハーフマラソンを走ってきた。

当地の最低気温は4.9度と、かなり冷え込んでいた。しかし、ハーフマラソンのスタートのころには7.5度と時間とともに暖かくなってきた。風は北北西で常時2から3メートルだったが、ほとんど寒いと感じることはなかった。

今回の目標は控えめに「昨年の記録を下回らないこと」においた。このところ、走るたびに記録が落ちる傾向にあったので、少しでも踏みとどまれればという思いからである。なにしろ、前回は3年前に走ったときの記録から9分も後退したしまったのである。9分を3(年)で割ると、1年間で3分落ちた計算になる。それなりに練習していて、それはないだろうと思うのだが。

今年は昨年のように蜂窩織炎を2度罹って約1か月間練習を休む、といったブランクはなかった。それにもかかわらず、練習量は昨年の8割くらい。厳密に計算したわけではないが、多分そんなところだ。走り込みの質と絶対量において、ともに不十分である。

そんな中でのスタート。約3キロの地点にある月吉陸橋を越えると繁華街へ入り、あっという間に蔵造りの街並みに出た。何人かの声援を受けて、思わずペースアップしそうになったが、努めてペースを抑えた。

5キロ地点の手前にある川越氷川神社前を通ると、巫女を始めとする神職から総出で声掛けしていただいた。また終盤には、しんがりからスタートしたゲストランナーのエリック・ワイナイナさん(シドニー五輪銀メダリスト)から肩をたたいていただき、後押ししてもらった。こういう応援があって、ゴールできたのだと思う。おかげで、昨年よりも2秒短縮することができた。感謝。



by hasiru123 | 2018-11-26 20:31 | マラソン