人気ブログランキング |

福岡国際マラソン 服部勇馬14年ぶりの日本選手優勝

12月2日に行われた福岡国際マラソンは、黒山鎌北湖駅伝に出場した帰り道の車のラジオで後半を聴き、帰宅後にビデオで全体を見た。

服部勇馬(トヨタ自動車)が日本歴代8位の2時間7分27秒をマークし、日本人では14年ぶりの優勝を飾った。

服部のすばらしい走りは、つぎの2点に集約できよう。一つは、36キロ以降にペースアップしたときのフォームがまったく崩れることなく、リラックスして見えたことである。映像で見ていると、ペースアップを感じさせず、それまでの安定した走りが維持できていた。

もう一つは、35キロからの5キロを14分40秒のラップで刻んだことである。課題とされていた終盤の落ち込みは見事に克服できた。百点満点と言っていいだろう。

服部のレースを実際に目にしたのは、4年前の小江戸川越ハーフマラソンを走ったときのことである。川内優輝(埼玉県庁)と最後まで競り合い、2秒差でかわしたのだった。私も同大会を走り、北環状を折り返してしばらくした後にすれ違いざまに目にすることができた。長身で腰高の走りは、今回のフォームとほとんど変わることがない。ハーフマラソンの走りそのままでフルマラソンのゴールまで駆け抜けた、そんな感じである。

福岡国際だけでなく、国内の大会での日本人選手の優勝は久しぶりである。東京マラソンは2007年から始まったが、10年の藤原正和(HONDA)だけで、びわ湖毎日マラソンでは02年の武井隆次(ヱスビー食品)までさかのぼる。主催新聞社の記事で記録を確認しながらこの文章を書いているが、大会翌日の朝刊をわざわざ買い求めたというのも久しぶりの出来事だった。

世界のトップクラスと伍して戦うには、ペースが目まぐるしく上下する展開でも35キロ以降の5キロを14分の中くらいでカバーできる走力が必要ではないかと思う。もう一段のレベルアップを期待したい。


by hasiru123 | 2018-12-04 21:26 | マラソン