夢のマラソン

hasiru123.exblog.jp

森脇康行です。             LSDから始めるランニングの世界を追求します。コミュニケーションを大切に、そして健康に注意しながら走っていきたいと思います。

ブログトップ

2014年 12月 30日 ( 1 )

今年の十大ニュース

今年もあとわずかとなった。1年を振り返って、今年の10大ニュースについて書いてみたい。書き出してみて10件挙げられなかったらどうしようかと思ったが、幸いにして何とかそろえることができた。

c0051032_2056781.jpg

一つ目は、2月に行われた埼玉県駅伝で坂戸市陸協チームが入賞したことだ。前回に続けて果たせたことに意味があると思っている。来年も美酒を味わいたいと選手たちは張り切っているので、きっとやってくれると信じている。

二つ目は、高校時代に陸上競技部で同じ釜の飯を食った同期が集い、思い出を語ることができたことだ。中には卒業以来会っていなかった人もいて、大変懐かしかった。そして、来年の再会を誓い合った。

三つ目は、初めて海外で、2年ぶりのマラソンを走ることができたことである。大変幸運なことに、5歳刻みの年代別のクラスで優勝することもできた。力まずに走れたことがよかったようだ(シドニーマラソン)。

四つ目は、小江戸川越ハーフマラソンを走ったことだ。地元に住む者として、一度は蔵造りの町並みを走りたいと思っていた。日本陸連の公認レースになった記念すべき大会に出られたことはラッキーだった。そこまではよかったが、レースの終盤で傷めた右足の故障が長引き、まだジョグができないでいる。あせらず、じっくり、回復に努めたい。

五つ目は、5月に開催された茨木のり子展で敬愛する詩人の直筆原稿を目にし、言葉に触れることができたことである。無駄のない単語、詩を創る力。「フランスのルオー爺さんのように」歳をとりたいと思ったものだ(世田谷文学館)。

六つ目は、昨年自治会で防災用品として購入した炊き出しセットを使って、何回か炊き出し訓練を行い、多くの皆さんに食べていただけたことである。奮発して調達したので宝の持ち腐れにならないようにと願っていたが、杞憂に終わりほっとしている。今後も活用され、地域交流の深化につながれば幸いだ。

七つ目は、三つの自治会が共同で三芳野神社の歴史についての講演会を開催できたことである。内容もさることながら、新たな協同事業を担えたことを大いに喜びたい。

八つ目は、三芳野神社の観光用パンフレットが出来上がったことである。作成に携わった方々の尽力で、短期間でなしえたことは感謝に耐えない。多くの観光客に知っていただき、来訪のトリガーになればうれしい。

九つ目は、10月からさいたま地方裁判所等の民事調停委員の仕事に携わることになったことである。消費生活相談員と併せて、消費者問題等の解決にあたり、深堀りしていきたい。

十番目は、同人誌「燦河(さんが)」の発刊記念パーティーを通して、学習院大学の草野芳郎先生を始めとする多くの会員と交流ができたことである。文学はとうしろうだが、調停の諸先輩が多くおられることから、いろいろと勉強させていただければと思っている。

冬はまだ序の口。皆様、よいお年をお迎えください。

 
(写真)今年2月の大雪で(川越市喜多院の本殿)
[PR]
by hasiru123 | 2014-12-30 20:58 | 自己紹介