夢のマラソン

ブログトップ

カテゴリ:その他( 209 )

『地元経済を創りなおす』を読む

地元経済を創りなおす――分析・診断・対策 (岩波新書)

枝廣 淳子/岩波書店

undefined


最近多くの地域で取り入れられている「六次産業化」というのをご存じだろうか。農産物などを生産する第一次産業だけでなく、その生産物を用いて食品加工(第二次産業)を行い、さらに流通や販売(第三次産業)にも携わっていくことで、これまで第二次・第三次産業の事業者が得ていた付加価値を第一次産業の事業者が得ていこうというものだ。「六次産業化」は、1(第一次産業)×2(第二次産業)×3(第三次産業)=6からつけられた。

「外に持ち出して加工して持ち込んでいるもの」に着目しようと、『地元経済を創りなおす』(岩波新書)の著者である枝廣淳子さんは考える。例えば、スケソウダラの卵巣を唐辛子などで味つけした辛子明太子は、博多の名産品として知られているが、原料は主に北海道で獲れるのに生産量の7割は福岡県である。しかし、北海道の消費量は全国平均を上回っている。

北海道で獲れて、北海道で加工された明太子を北海道の消費者が食べるようになれば、その分、北海道から域外に流出していたお金が地元に残ることになるだろう、と。枝廣さんは、この現象を「漏れ穴をふさぐ」と表現している。お金が漏れる悪循環を断ち切るために、「注いだ水が出て行ってしまう穴」を見つけてふさごうという発想だ。実は、この漏れ穴は私が住んでいる地域にもいろいろありそうだと気がついた。

首都圏にある川越市は、かつては江戸時代の城下町として栄え、蔵造りと呼ばれる建築様式の古い土蔵や商家が立ち並ぶ町並みで知られている。明治時代から続く菓子屋横丁には、昔ながらの菓子屋や駄菓子屋が軒を連ねていることから、最近は観光都市として注目を浴びる存在になっている。『地元経済を創りなおす』を参考にしながら、この川越市を様々な統計を使って作られた「地域経済分析システム」(RESAS=リーサス)の2013年版から地域経済の一端を覗いてみた。

川越市の生産(付加価値額)の総額は10,805億円で、第三次産業が生産の多くを占めている。10,805億円の生産に対して、分配(所得)は11,666億円と、生産を上回っている。これは、市外に勤務している人が給与などを川越市に持ち帰っていることを示している。いわゆる「ベッドタウン」では、この比率がさらに大きくなる。

「地域経済循環率」という指標があるが、これは生産(付加価値額)を分配(所得)で除した値で、地域経済の自立度を示すものである。値が低いほど他地域から流入する所得に対する依存度が高い。生産(10,805億円)÷所得(11,666円)=0.926。川越市は、所得のうち約92%が生産を支えている計算になる。これは、埼玉県の77.6%やさいたま市の88.5%と比べると高い数値だ。観光収入が寄与しているためと思われるが、市民の生活実感からは豊かさが感じられない。数字上では地域経済の自立度が高いように見えるのに、なぜだろう。

私がたてた仮説はこうだ。
<観光収入が地域内に循環していないのではないか>
川越市内には多くの土産物店があるが、その相当部分が外部の事業者や地域外から通う販売員によって支えられている。せっかく地域にお金が入っても、そのお金がすぐに流出してしまっては、地域経済にとってのメリットは少ないからだ。そのためには以下のような検証が必要である。

検証その1:いったん入ったお金が最終的にその地域から出ていく前に何回地域内で使われるか(地域内乗数効果)を調べ、そこから課題を抽出する。

検証その2:観光事業だけでなく、市民の生活に必要な物資についても調べ、日ごろの買い物行動が地域内乗数効果を上げる方向に働いているかを確認する。

この視点を膨らませることで、多様な製品の開発と販売が地元商店街の復活につなげられる可能性がある。土産物店に限らず、生活に必要な食料品や日用雑貨品などを販売する店舗(これらの店舗は、街中から消えてから久しい)である。いわゆる「地産地消」を進めるのである。

この「地産地消」の考え方を、地域経済の観点から大きく発展させた考え方が枝廣さんの提唱する「地消地産」である。「地産」と「地消」の中に「地販」を入れるのが肝である。地元で生産されたものを地元の人の手で販売し、地元の人が消費する。「未来は地域にしかない」という視点に一票を投じたい。


by hasiru123 | 2019-01-17 20:27 | その他

家族よりもゆるく ともだちよりも濃く

年末からランニングは少しお休みしていたため、今日1月2日の練習が初走りとなった。

元旦は、31日の夜から続いた三芳野神社の元朝祭の対応で、元に日が昇るころはすっかり爆睡していた。したがって、今朝走りながら見た来光が事実上の初日の出となった。私の場合は、ジョギングしながらあれこれ考えるタイプであるが、今朝ふと考えたことについて書いてみたい。

年末に、NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」というテレビ番組を見た。

阪神地域にある住宅街に建つ小さなマンションで、高齢の女性たちによる「実験」が始まっている。「おひとりさま」である7人の女性たちがマンションの部屋を別個に購入。それぞれの部屋を行き来し見守りあう「ともだち近居」という住まい方を選んだ。7人は、71歳から83歳まで、コピーライターやカウンセラー、民間企業の広報室長など「働く女性」として人生を歩み、「老い」や「ひとり」への不安や寂寥感を抱きながら、「でも、へこたれないわ」と背筋を伸ばしながら、人生を生きてきた。

いま、7人は様々な課題に直面している。病気で入院したり、認知症になったらどうするか?介護や延命治療は?お墓はどうするか?・・・。誰もが「老いて生きる」上で直面する試練の数々を7人はどう悩み、どう乗り越えようとするのか?励まし合い、叱り合い、笑い合い、涙し合うホンネのやりとりを軸に、超高齢・超単身社会の幸福のあり方を見つめ、問いかけるドキュメンタリー。以上は、番組のウェブサイトから要約したもの。

「ともだち近居」という住まい方は、「家族」よりもゆるく、ゴミ出しの時に挨拶する程度の近隣同士や「町内会」、民生委員の見守りよりも濃い関係といえるだろう。状況によっては「ふつうのともだち」よりも濃い関係かもしれない。高齢化社会が進み、一人暮らし高齢者(もしかして一人暮らしの現役世代や二人暮らし夫婦を含めた方がいいかもしれない)が増える中で、幸せな暮らし方を求めるのに避けて通れないテーマである。

ここに登場する7人は、みな社会的には成功者といわれる女性たちで、経済的には恵まれている人たちのように見える。そういった制約を差し引いても、認知症や介護、延命治療、お墓などに加えて、不安や寂寥感をホンネで語り合える関係は、男性間ではまず考えられない「実験」だろう。

続編が作られるのであれば、並行してさまざまなグループによる試みを追い続けてほしいと思う。それにしても、ゆるい関係とはいえ自然発生的にできるわけではないので、この取り組みはそれなりのエネルギーを持った人同士でないと成立しがたいように思えた。

そんなことで、ふだんの早朝は約12キロの距離を80分位で走るところを、今日は90分近くかかってしまった。帰宅時を朝8時の箱根駅伝のスタートに間に合わせたつもりだったが、テレビで1区の先頭集団を確認したときはすでに新八山橋を過ぎていた。

(追記)レース中は無心で走っています、というか何も考えることができません。


by hasiru123 | 2019-01-02 21:16 | その他

これからの同窓会

私が卒業した中学校の学年同窓会は、サッカーW杯が行われる年と同じで、4年ごとに開催される。今年で4回目を迎えた。私は2回目から出席し、今回はその幹事役を仰せつかることになった。幹事は8クラスからそれぞれ名ずつ出すので、総勢で16名の大幹事団である。

2月から4回にわたって幹事会を開催し、11月本番に向けて準備を進めてきた。そこでは毎回飲食を共にし、歓談しながらの会合となった。また、年末には幹事だけの慰労会も行った。そんなわけで、今年は中学校の同窓会を合わせて6回開いたような気がする。

同窓会の当日。参加した人の顔を拝見すると皆一様に元気そうなのにほっとした、というか勇気をもらったような思いだった。8年前に出席したときは何十年ぶりかで顔を合わせた友人が多くいて、その姿や表情、体型などが大きく変わっていたことに驚かされたものだ。今回は再会した人たちが多くいたためか、むしろ変わっていないことが意外に感じられた。

よく考えてみると、ここに出席している同窓生は元気な人たちばかりで、元気だからこそ会場へ足を運んだのだと思う。もしかすると、欠席者の中には少なからず健康上の理由で来られなかった方々もおられたかもしれない。

本番の出席率は、前回より5ポイントほど下げて約25パーセントだった。この5ポイントの差が気になるところだが、現在のスタイルの同窓会を継続する限り、間違いなく今後も減り続けるであろう。

そこで、である。出席者の低落傾向に歯止めをかける方法はないだろうか、と考える。健康を損ねた人や認知機能が衰えた人でも参加したくなるような工夫を凝らすことだ。また、年金が主な収入源となる人が増えていく中で、ホテルを会場にする宴会形式をやめて、公共の施設を借りるなどして経費を切り詰めてはどうだろうか。

ただし、元気な人には少々物足りなく感じるかもしれないが・・・。これらのことは、元気な幹事だけでなく、健康の不安を抱えている人にも入ってもらって検討していく必要があるだろう。


by hasiru123 | 2018-12-19 18:53 | その他

森を歩く 乗鞍高原

乗鞍高原に着いた日は本降りの雨。それでも、3時ころからロケハンを開始した。そして、撮影のポイントを確認しながら撮り歩いた。

翌日は雨が上がったものの、日差しはなかった。目的の一つであるオオカエデ付近で2時間ほど粘る。午後には、乗鞍エコーラインへ行こうと三本滝レストハウスまで足を延ばしたが、雨が降り始めたため、取りやめに。

3日目は、朝6時から撮り始めた。一の瀬園地からどじょう池にかけて車を走らせたり、歩いたりしながら様子をうかがったが、なかなか雲がとれない。2時間ほどたって宿舎へ戻り始めたところ、光が差し始め、雲の合間から乗鞍の山頂付近が望めるようになった。
   
   オオカエデ

c0051032_19314600.jpg

   まいめの池

c0051032_19203058.jpg

             大滝

c0051032_19354126.jpg

by hasiru123 | 2018-11-11 19:38 | その他

広島カープ 27年ぶりの地元優勝

今シーズン長らく首位を快走し続け、8月15日には早々と優勝マジック「32」を点灯させた広島。しかし、それからが長かった。その後の成績は、18勝16敗だ。8月28日から9月4日にかけて7連勝したが、その後6連敗。

中でも7日~9日の対中日3連戦では相手が最下位のチームであるにもかかわらず「0-3」、「5-6」、「3-4」とまさかの3連敗。今季の中日戦での負け越しが決った。これで、セ・リーグの5球団全てに勝ち越す「完全優勝」はなくなった。負の連鎖に陥っている広島。この現状を受け、カープファンからは心配の声が挙がっていた。

私は、この不振についてはあまり心配していなかった。それは、2位のヤクルトを大きく引き離したいたからではない。たしかに、このときのチームの調子は最低の状態だったといっていい。大瀬良、岡田、ジョンソンといった先発陣が粘れず、看板の打線も振るわなかった。しかし、チームは生き物である。調子を上げたり落としたりしながら、呼吸をしているのである。雨や風が強まったたり、静かになったりしながら台風が近づいてくるのと似ている。

だから、これからは勝ったり負けたりしながら優勝の日に向かっていけばいい。マジック点灯以後の18勝16敗というのは、不振には当たらない。上出来だと思っていた。そんなカープが、とうとう優勝を決めてくれた。3年連続9回目のペナントレースの制覇である。昨日は投手の九里がすばらしい出来だった。そして、打線も九里を除く先発全員安打で圧勝した。

4月24日以降は首位を独走したが、決して順風満帆ではなかった。故障者が多く、打線、投手陣ともにうまくかみ合わないことがしばしばだった。一方、新しい選手の台頭で新旧交代の兆しが見られたのはうれしいことだった。今後も広島の時代が続くのではないかと期待が膨らむ。

次は、クライマックスシリーズ・ファイナルステージ。10月17日開始なので3週間先になるが、きっとうまく調整して臨んでくれるはずだ。


by hasiru123 | 2018-09-27 08:14 | その他

長く生きられることはうれしいが

今日は敬老の日。私の住んでいる町の自治会では、お年寄りと子供たち、そしてその親たちが集まり、恒例の世代間交流会が催された。

総務省の発表によると「総人口が27万人減少する一方、高齢者は44万人増加」し、「総人口に占める高齢者人口の割合は28.1%と、過去最高」だったとある。また、「高齢者の転出超過数は東京都が最も多く、転入超過数は埼玉県が最も多い」、「60歳以上の転出先は、東京都では埼玉県が最も多く、大阪府では兵庫県が最も多い」ともあった。

私の住んでいる埼玉県は高齢者に魅力的な地域だということだろうか。だとすればうれしいが、住みにくくなった東京都に隣接しているだけの理由なら、ちょっと寂しい。思わず、全米オープンで見事優勝を果たした大坂なおみ選手の発したひと言が口をついて出てしまった。

敬老の日に重ねて、もう一つ言わせていただく。先に厚生労働省が出した「平成30年版高齢社会白書」によると、2065年には、男性84.95歳、女性91.35歳となり、女性は90歳を超えると見込まれている。健康を維持できれば多くの人が90歳、100歳近くまで生きられることになる。一方でこんなデータもある。厚生労働省「平成28年簡易生命表の概況」によると、男性の平均介護期間が9.79年、女性が12.93年とあった。

長く生きられるようになったことはうれしいことだが、死に至るまでの平均介護期間が10年前後もあることを考えあわせると、「ちょっと」どころか「とても」寂しい気分になる。長く生きるにしても、少しでも寝たきりの期間を短くしたいし、できることならそのような期間はないにこしたことはない。

「いかにして生きるべきか」は文学や思想の力だが、「どのように逝くか」を突き詰められるのは宗教の力だ、と言った人がいる。人間は、ここでも試されているのかもしれない。


by hasiru123 | 2018-09-17 20:38 | その他

再び高校野球について

アマチュアスポーツを巡っては、日本大学アメフト部の前監督らが悪質な反則を指示していた問題や日本レスリング協会前強化本部長によるパワーハラスメント、女子柔道のロンドン五輪前監督らによる暴力・暴言などが相次いで明るみに出ている。そもそも、スポーツにはフェアプレーの精神はあったのだろうかと、疑いを持ってしまう昨今である。

そんな中で、再び夏の高校野球について。

大阪桐蔭と浦和学院の準々決勝でのことだ。浦和学院の投手に打球が当たった。大阪桐蔭の3塁コーチャーがすかさず投手のところに駆けつけ、コールドスプレーを吹きかけた。準決勝の済美戦でも、大阪桐蔭の打者が放った打球がイレギュラーバウンドして、済美の三塁手の喉元に当たるシーンがあった。そのとき、さりげなくコールドスプレーを持って走り寄ったのが、大阪桐蔭の三塁コーチャーだった。

大阪桐蔭が済美を降したあとの選手へのインタビュー。大阪桐蔭のある投手は、決勝の相手に決まった金足農の主戦投手について、これまでに一人で5試合を投げ抜いたことをたたえ、そして気遣った。

これまた、さかのぼって春の選抜大会の決勝戦。大阪桐蔭の投手がゲームセットとなるアウトを取ったとき、相手の智辯和歌山の選手に挨拶してから、一人遅れて仲間の歓喜の輪に入った。

こうした選手たちの小さな行動の一つ一つに何のつながりもないのだろうが、見守る者たちの心を動かす高まりのようなものを感じずにはいられなかった。誰かが教えたとか助言したとかというのとは違う、自立した精神がこの選手たちに宿っているように思えたからである。

相手チームの選手は「敵」ではない。野球を楽しむ大切な「仲間」である。高校野球が人々を引き付けるのは、忘れていたこの高揚感を思い出し、新たな気持ちで出発しようとさせるからかもしれない。


by hasiru123 | 2018-08-29 21:17 | その他

風の音にぞおどろかれぬる

とっくに立秋を過ぎたが、関東地方では晴れればとてつもなく暑く、日が陰れば蒸し暑い陽気の今日このごろである。

しかし、古の人はこの時期に能動的に秋の気配を感じ取っていたのである。

秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

古今和歌集に収録されている藤原敏行の歌である。歌意は、「(立秋になっても)秋が来たと、はっきりと目にはみえないけれど、風の音で(秋の気配に)はっと気づいたものでした」。

「来ぬ」は「来た」という意味なので「きぬ」と読む。「おどろく」は、「びっくりする」ではなく、「はっと気づく」の意味で使われている。

小さなできごとにはっと気づく。そうやって、日々少しずつ驚いて、ある日突然驚かされることがないよう、心がけたいと思っている。なぜならば、8月13日現在で広島東洋カープは2位の巨人を11.5ゲーム引き離して独走しているからである。

8月中旬という時期で、2位とのゲーム差が11.5というのはびっくりするくらい大きい。しかし、3月末の開幕からの順位表を時系列に追っていくと、徐々に差が開いてきたことが分かる。「あっ、今日勝った」「また、勝った」という小さな驚きと興奮の積み重ねが11.5ゲームという開きにつながったのだと思う。

その反対の場合もある。たとえば、昨年のペナントレースだ。7月末には首位広島と2位阪神タイガースとのゲーム差は11あったのが、8月末には5.5に縮まった。また、8月8日には球団最速でマジック33が点灯したものの、8月31日時点では消滅している。これも、広島が勝ったり負けてりしているうちに、阪神が連勝を重ねて少しずつ差が縮まってきたためである。

こんな時は、黄信号を早く察知して、驚かされることがないよう、気をつけたい。そういう意味を込めた、自戒である。


by hasiru123 | 2018-08-13 20:17 | その他

老後の貯金

20年ほど前のこと。記録的な長寿で話題となった双子姉妹がいた。きんさん・ぎんさんである。きんさんは107歳で、ぎんさんは108歳でこの世を去った。

お二人ともよくテレビに出たり、コマーシャルをやったり、イベントなんかで忙しい人だった。名古屋の放送局のきんさん・ぎんさん係だった人が、「収入も多いはずなんです。それなのに、使っている形跡がない。どうしているんでしょうね、あのお金」。

彼は、直接本人たちに聞いてみた。ぎんさんの答えは、「老後のために貯金しています」(永六輔『二度目の大往生』から)。

このことを知った私は、「さすがに戦争をくぐり抜けた人らしいなあ」と浪費を慎む生活ぶりを思った。とっさの質問に、ユーモアある言葉で返すセンスにも感心した。そして、意外とケチだったのかも、と思ったりした。

百歳の人口が6万人を超えた今、きんさん・ぎんさんを改めて思い返してみると、先々のことを考えて生活を管理する冷静さと、これからもまだ生きていくよ、というエネルギーのようなものを感じる。これがあったればこそ、百歳を超えてもなお元気に生き続けることができたのだと思う。

加えて、戦争をはさんだこの百年を生きてきたきんさん・ぎんさんには、漠たる不安もあったのではないだろうか。お二人が亡くなった後の20年間には、様々な自然災害や事故、制度の崩壊など深刻な事態が続いている。高齢者層が逆ピラミッドの天井を形成しつつある中、全体の人口は減少傾向に向かいつつある。私たちは、まさに不安だらけの中で生きていると言っていい。「老後のための貯金」は、そのささやかな礎だったのかもしれない。


by hasiru123 | 2018-06-17 16:58 | その他

昨年の消費者被害額は約4.9兆円 「消費者白書」から

政府は12日、平成2018年版の「消費者白書」を閣議決定した。

これは、17年に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談を、消費者庁が取りまとめたものである。「白書」によると、全体の相談件数は、前年より約2パーセント増えた。約300ページある中で、私が注目したのは以下の4点だ。参考になればと、要約してみた。

一つ目は、架空請求に関する相談の急増だ。前年から倍増し、07年以降で最多となった。全体の中でも、架空請求17.5%を占めている。これは、法務省等をかたる架空請求のはがきに関する相談が多数寄せられたためである。また、これまもであった「デジタルコンテンツ」に関する相談件数は増加しており、実在する有名事業者等をかたる電子メールやSMS(注1)を用いた架空請求の相談件数が多く含まれている。

二つ目は、インターネットや情報通信に関連するトラブルである。SNSが何らかの形で関連している相談は引き続き増加傾向にある。20歳代が最も多く、若者はSNSの利用頻度が高いことが影響していると考えられる。具体的な相談内容は多岐にわたる。例えば、SNS上の広告を見て「お試し」のつもりで商品を購入したところ、定期購入になってしまったというトラブルなどがある(注2)。また、20歳代以下の若い年齢層などでは、SNSで知り合った友人から誘われたことをきっかけにマルチ取引等に巻き込まれたといった相談も寄せられている。

三つめは、消費者が「売手」となる取引に関するトラブルである。最近の消費者トラブルの特徴として、消費者が事業者から物やサービスを「買う」場面ではなく、消費者が事業者に物やサービスを「売る」場面や消費者同士で物やサービスを売買する場面におけるトラブルが増加している。中でも、インターネットオークションやフリマアプリ(注3)・フリマサイトなどインターネットを利用した取引に関する相談が増加している。これらのサービスを利用する際は、個人間売買の特徴を理解し、サイト等の利用規約をよく確認しておく必要がある。

四つ目は、高齢者の「終活」に付け込んだ悪質な商法が目立っていることだ。例えば、不要品を整理・処分しようとした際の訪問購入に関するものや、かつて原野商法の被害に遭い所有している山林を整理・処分しようとした際の原野商法の二次被害に関するものなどである。原野商法とは、ほとんど無価値で将来の値上がりの見込みがほとんどない土地を、値上がりするかのように偽って売りつける商法のことを言う。過去に原野商法の被害に遭い、土地を所有している人に、「土地を高く買い取る」などと虚偽の説明で勧誘し、新たに高額な契約を結ばせる二次被害が増加している。トラブルの未然防止・早期発見のためには、周囲が高齢者に寄り添った見守り・声掛けを行うことが必要だ。

なお、消費者庁「消費者意識基本調査」(17年度)によると、この1年間に何らかの消費者被害・トラブルを受けた経験があると回答した消費者の割合は、9.5%。この結果から消費者被害・トラブル額は「既支払額(信用供与を含む。)」ベースで約4.9兆円になると推計している。

(注1)メールアドレスではなく携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービス(同白書から)
(注2)例えば、「1回目90%OFF」、「初回実質0円(送料のみ)」などと通常価格よりも低価格で購入できることを強調した広告で、「4か月以上の継続が条件」、「定期購入期間中は解約できない」など低価格で購入するための条件や支払総額などの契約内容が、他の情報より小さい文字で表示されていたり、別のページに表示されていたりするなど消費者が認識しづらい場合が多くなっている(同白書から)
(注3)オンライン上で実際の「フリーマーケット」のように出品、購入ができるアプリケーション。手軽に利用できる一方、トラブルも報告されている(国民生活センターのウエブサイトから)


by hasiru123 | 2018-06-15 19:56 | その他