死球を受けて連続出場記録がついえたかと思われた翌日、代打で打席に入り、3球とも空振りで三振。これを当時の古葉竹識監督(広島東洋カープ)は「見逃してたら後の試合で使えなかったが、振ってくれた」。当人は「体の痛みより出場できぬ心の痛みが耐えがたかった」と振り返る。

2215試合連続出場を達成した衣笠祥雄選手のプロ野球人生の折り返し点について、4月25日付毎日新聞のコラムはこう振り返っていた。プロ野球の広島カープをリードし続けた衣笠さんが、23日亡くなった。

私の衣笠さんについての記憶けっこう古いもので、巨人がVナインに向けて走り続けていたころだったと思う。強引な空振りで連日のように三振の山を築いていた衣笠さんを、テレビの解説者は手厳しく叱っていた。「こんなことではレギュラーは勤まりません」

それから6年、5番打者として4番の山本浩二さんと共にクリーンナップの一翼を担い、球団初のリーグ優勝に大きく貢献した。特に、オールスターゲームでの山本との二打席連続アベック本塁打は、深く記憶に刻まれた野球ファンも多いのではないか。

先の死球は西本聖投手(巨人)から受けたもので、次戦で3球三振したときに「1球目はファンのため、2球目は自分のため、3球目は西本君のためにスイングしました」という当時の衣笠さんの名言を、こちらは同日の産経新聞の社説が伝えている。強くて優しい野球人がまた一人逝ってしまった。

たくさんのケガと繰り返しやってきた長いスランプ。それがあったからこそ生まれた数々の大記録だと思いたい。


[PR]
by hasiru123 | 2018-04-28 21:55 | その他

先のボストンマラソンで、男子は川内優輝(埼玉県庁)が2時間15分58秒で初優勝した。日本では、1987年大会で瀬古利彦が優勝して以来の快挙だ。久しくなかった日本人選手の国際大会での優勝である。

川内の最近の主要な大会は、前半から先頭集団に遅れたり、ペースの上げ下げで消耗したりで、終盤追い込むもののトップから大きく水をあけられてゴールインということが続いていた。ところが、今回ばかりは違っていた。40キロでトップを行くジョフリー・キルイ(ケニア)を抜き去り、2分以上の大差をつけたのである。

ボストンのある東海岸は春の大寒波に見舞われ、スタート時の気温は5度を下回る寒さと風雨。多くの選手たちには、早期の天候回復が待たれただろうし、悪条件の気象コンディションに戦意を失いかけた選手もいただろう。そんな中で、川内はこの気象条件を好機と見たのだ。その卓抜なチャレンジ精神に、国内のみならず、世界のランナーが勇気づけられ、励まされたことだろう。

強いマラソンランナーの証明は、記録か勝負か、という永遠の命題がある。勝負は、だれといかにしのぎを削って勝てたかということに尽きる。選手が持っている心身内面の成熟度によるところが大きいのである。そして、優勝はもっとも誇り高い選手の証でもある。

一方で、記録は走力があるだけでなく、気象条件や回りとの競り合いなどが追い風とならないとなかなか生まれにくい。たしかに、運を味方に引き寄せることができるかという外部要因が大きなポイントになる難しい挑戦といえるだろう。

しかし、今回のレースでは悪い気象条件を味方にして勝利をもぎ取ったのである。川内は、そういう意味で稀有なマラソンランナーである。


[PR]
by hasiru123 | 2018-04-21 12:34 | マラソン

名は体を表す

私が所属しているランニングクラブに、世話人のような役割を担う「会長」や「事務局長」などという役職がある。先の総会後に行われた懇親会で、なかなか引き受け手が見つからない副事務局長に関連して、この際「事務局長」という名称を変えてはどうかというということが話題になった。

そのことについて、私の感想・意見を述べさせていただく。

名は体を表す」という言葉があるとおり、交代を円滑に進めるためにはネーミングはとても大事だ。交代の必要性を説くまでもなく、名称ひとつで受け手の印象や理解が異なるからである。

「事務局長」という名称が、上の人で、会全体を切り盛りし、何か難しい仕事をする人だという印象を持つ人は多いと思う。もちろん大変な仕事をする役割ではあるので、そういう受け止め方はあるだろう。一方で、「自分にはとてもできそうにない」「楽しむつもりで入ってきたのに、何で走ること以外に汗をかかなくてはならないのか」という思い込みも未経験者の壁になっているような気がする。

会員として楽しみを享受するだけの一方通交ではなく、時として会の役割を分かち合うことも必要である。しかし、ここではそういう一般論は封印して、誤解を解消するために、それほど重たくなくて、楽しそうな役割を想起させる名称に一新してみるのも一考に値するのではないか(だからといって実態はそう変わらないかもしれないが)。名称に引きずられて、担当していくうちに仕事の内容や取り組む姿勢が変わっていくことも期待できるからだ。型通りの仕事ではなく、もっと創造的で面白い仕事なのだ、と。

前置きがながくなったが、試みに3つのネーミング案を考えてみた。

1 「アスリートファーストマネージャー」(通称 アスマネ)
ひとこと:管理したり指示したりする会社の仕事の延長ではなく、選手(会員)たちが走りやすいようにサポートする仕事だという誇りを持ってもらえるかもしれない。

2 会長を「ゼネラルマネージャー」(通称 GM)  
副会長を「ファーストマネージャー」(通称 FM)  
事務局長を「マネージャー」(通称 マネージャー)
ひとこと:「ゼネラル」や「ファースト」がつかない分、負担感が軽減される。言葉のまやかしではないかという批判があるかもしれないが、あまり難しく考えないことがミソ。

3 「ランニングファシリテーター」(通称 ランターまたはRF)
ひとこと:会の管理・統括者というイメージを払拭して、活動の「進行役」くらいの気楽な気持ちで仕事にあたってもらえるのではないか。会員を支援しているのだというささやかな誇りを持ってもらえたら成功。

私は、あまりカタカナ語が好きではないが、ここはカタカナの利点を最大限利用した。


[PR]
by hasiru123 | 2018-04-10 20:18 | その他

桜の樹をどう守るか

朝のジョギングが終わると、自宅近くの公園にある手洗いに立ち寄り、うがいをする。手洗い場の前には桜の樹があって、がらがらやると自然と桜の枝ぶりが目に入ってくる。そのつぼみが膨らみかけたことに気がついたのは3月中旬だった。つぼみから花びらが開くまでが待ち遠しいものだが、今年はその間が短かった。

一気に開花し、その期間花冷えもなく、風雨にさらされることもなく、約1週間の毎日を楽しませてくれた。今年は、開花期間に合わせた遠出をすることができなかったが、近隣で撮った写真を前にして、感動をどう切り取ろうかとRAWデータの整理にとりかかかったところである。

さて、桜の樹をどう守るかという話をする。

昨年から桜を枯らしてしまう害虫が話題に上るようになった。

この害虫はクビアカツヤカミキリというカミキリムシの一種で、中国や朝鮮半島、台湾、ベトナムなどに分布し、にほんには本来、生息していない種だったが、2012年に名古屋市内の桜の樹で、日本で初めて発見され、それ以来、桜の幹を食い荒らして立ち枯れされる被害が出始めた。

いっこうに被害が治まらない状況から、クビアカツヤカミキリは、今年1月に環境省から特定外来生物に指定された。以上、公益財団法人日本花の会主任研究員の和田博幸さんの解説による(NHKテレビのオピニオン番組「視点・論点」から)。

私たちの周囲にある桜の樹も衰えが目立ち始めて来た。桜名所を再生させるには、気がついてから手を打つのではなく、長期レンジを見据えた取り組みが欠かせない。

番組の中で和田さんは「まずは環境変化が進む中で、広い範囲で桜が育つ環境をとらえ、地域住民と行政、樹木医などが桜を見守る体制と協力を作り、様々な叡智を集約させること」と結んでいた。桜の美しさを愛(め)でつつも、次世代に残すことが今を生きる者たちに課せられた役目だろう。

以下の3枚は、近隣で撮った桜風景である。

c0051032_12392489.jpg

中院のシダレザクラ

c0051032_12300909.jpg

新河岸川の桜堤

c0051032_12312638.jpg

新河岸川で花筏を周遊する


[PR]
by hasiru123 | 2018-04-05 07:21 | その他